個人的な注目作品を紹介したり、たまに感想を書いたり

ストライキングガール! (カドカワBOOKS)ストライキングガール! (カドカワBOOKS)
EDA すーぱーぞんび
KADOKAWA 2017-04-10

by G-Tools

 田舎の荒っぽい空手道場の家に生まれたせいで、喧嘩三昧の散々な毎日を送ってきたレオナ。そんな生活とはオサラバし、華やかな高校生活を! と東京のお嬢様校に転入した彼女だったが、奇妙なクラスメイトに目を付けられ、半強制的に連れて行かれた先は……なぜか格闘ジム!?
 平穏を求める彼女の願いも空しく、ジムに入門することになってしまい、さらには覆面をして試合出場まで。喧嘩負けナシの女子高生は、格闘技界のトップを獲れるか!?
 いまいち。第一に登場人物にあまり魅力が感じられない。柚子がレオナをジムに連れていく流れは脅迫みたいなものだし、そのジムでのレオナと伊達のやりとりもどちらも短慮に問題の解決を暴力に持ち込んでいて好感が持てない。第二にレオナがずっと煮え切らなくてすっきりしない。主人公の苦悩とその解消が物語の王道というのはわかるが、一冊丸まるずっと煮え切らない態度が続くとうんざりする。第三に競技としての格闘技の魅力が伝わってこない。最後の勝負の後レオナが得た満足感はべつに他の競技でもかまわなかったのではと感じてしまった。

ラーメン大好き小泉さん 5 (バンブーコミックス)ラーメン大好き小泉さん 5 (バンブーコミックス)
鳴見 なる
竹書房 2017-03-30

by G-Tools
今回メインのつけ麺をはじめとして、市場のラーメンとかラーメンサラダとか斜めに傾いているラーメン屋とか、よくこれだけネタが尽きないなあ。しかもあとがきによるとまだまだ描きたいラーメンはあるそうだし。三十八杯目の話は小泉さんにもラーメン以外の趣味があったのが意外だった。

教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー 1 (星海社COMICS)教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー 1 (星海社COMICS)
津留崎 優 森瀬 繚 TYPE-MOON
講談社 2017-04-08

by G-Tools
 マルタの話を読んで水着マルタ宝具発動時のタラスクがあんな扱いなのはこういうタラスクのその後の逸話が元だからなのかなとちょっと納得。金時の話は酒呑、頼光ネタもからんでいて、頼光はともかく酒呑の方は今後個別に扱われることは無さそうな予感。頼光はこの話の中で触れられる一エピソードだけでもバーサーカーとして召喚されるのに納得だわ。アンメアの生涯はまさしく事実は小説よりも奇なりって感じだよなあ。二巻はだれの話が出てくるのか楽しみ。

クロックワーク・プラネット(1) (シリウスコミックス)クロックワーク・プラネット(1) (シリウスコミックス)
榎宮祐 暇奈椿 クロ 茨乃
講談社 2014-02-07

by G-Tools
 アニメの二話目の予告を見た時も思ったことだけどマリーの方が主人公っぽいな。絶望的な状況で周囲からも足を引っ張られ、それでもあきらめず全力を尽くして。対してナオトとリューズは特別な力を持ちつつものんきに過ごしているだけだしなあ。まあアニメや漫画版だとまだ話が加速し切る前に一話目や一巻が終わってしまったからそんなふうに感じるだけで、原作小説で読めばまた印象は違うのだろうけど。

Fate/strange Fake(4) (電撃文庫)Fate/strange Fake(4) (電撃文庫)
成田 良悟 森井 しづき
KADOKAWA 2017-04-08

by G-Tools
 面白いことは面白いのだけど、登場人物がやたらと多いわ、頻繁に視点が移り変わるわ、時系列も前後するわ、さらに刊行間隔がかなり長く開くから前巻までの流れを忘れている部分もあるわで話についていくのが大変で困る。もうちょっと間をおかずに続きを出してほしいなあと思うのだけど、他の作品との調整もあるから今後も難しそう。本筋と関係ないところでは某船の長の話が印象的的だった。あいつはあいつで味のある人物だったんだな。ウォッチャーは見ようによってはすごく便利なクラスなんだけど、ピーキー過ぎてゲームに持ち込むのは難しそう。

ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう! (MF文庫J)ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう! (MF文庫J)
木緒 なち えれっと
KADOKAWA 2017-03-25

by G-Tools

僕、橋場恭也はしがないゲームディレクター。会社は倒産、企画もとん挫して実家に帰ることになる。輝かしいクリエイターの活躍を横目にふて寝して目覚めると、なぜか十年前の大学入学時に巻き戻っていた!? 落ちたはずの大学に受かっていて憧れの芸大ライフ、さらにはシェアハウスで男女四人の共同生活と突如、バラ色の毎日に! ここから僕の人生を作り直すんだ―――後の超有名クリエイター(の卵)と共に送る新生活がいま始まる! と、意気揚々と始めてみたもののそんなにうまくはいかないみたいで……。木緒なち×えれっとの超強力タッグによる、青春リメイクストーリー!
 いまいち。人生行き詰ってから過去に戻るというチャンスを得たわりには「何かすごいものを作りたい」程度のあいまいな願望を持っているだけで、特に何をするわけでもなくのんきに一昔前のギャルゲーみたいな状況にひたっている主人公に魅力が感じられなかった。クリエイターの卵の青春ものというにはぬる過ぎて期待はずれ。またキャラ同士のやりとりもそれほど面白くなかった。

ちはやふる(34) (BE・LOVEコミックス)ちはやふる(34) (BE・LOVEコミックス)
末次由紀
講談社 2017-03-13

by G-Tools
 部活動としてのかるたは一区切りついてもかるたをめぐる千早たちのドラマはまだまだ終わらないのだということを感じさせる巻だった。詩暢ちゃんはなかなかかるた以外の場での光明が見えてこないね。ある方面では優れた力を発揮する独特の感性を持っているけどそのため実社会では生き辛い天才タイプだな。少年漫画などでは才能ある人物がひたすら活躍する場面ばかり描かれるけど、この作品は一つの世界で頂点を極めるような才能でもよそでは通じないというあたりも描かれるのが独特な感じ。

最強喰いのダークヒーロー 3 (GA文庫)最強喰いのダークヒーロー 3 (GA文庫)
望 公太 へいろー
SBクリエイティブ 2017-03-14

by G-Tools
 表紙とあらすじからして今回は檸檬子メイン回かと思ったけどそうでもなかったな。話の流れからして檸檬子の掘り下げはむしろ次回以降が本番になりそうな感じ。今回はバトルが少なめでもの足りなかった。次はバトルばっかりになる予定だそうだけど、それはそれでだれてしまうのではという心配が。あと3巻目ということで新鮮味が薄れてきたからか、地の文のカッコつけたような言い回しが気になるようになってきた。

Re:Monster 3 (アルファポリスCOMICS)Re:Monster 3 (アルファポリスCOMICS)
金斬 児狐 小早川 ハルヨシ
アルファポリス 2017-03

by G-Tools
 ゴブ美ちゃん(ダム美ちゃん)は進化前と進化後で姿が変わり過ぎてて別人に見えてしまうな。ゴブ美ちゃんの進化後の容姿はなんだか記憶にあるような気がするなんて伏線あったんだったっけ。すっかり忘れてるわ。今回から登場の女騎士はどんなキャラだったっけ? 鈍鉄騎士や赤髪ショートは十分印象に残るのだけど、この女騎士はいまいち影が薄いキャラだったような気が。

ナイツ&マジック 7 (ヒーロー文庫)ナイツ&マジック 7 (ヒーロー文庫)
天酒之瓢 黒銀
主婦の友社 2017-03-25

by G-Tools
 今回も新型機が登場するけど、さすがに今のこの状況では材料も技術も人手も足りなさ過ぎて十分に活躍できるだけの機体となるには厳しかったか。なのでロボットバトルものとしてはちょっともの足りなかったけど、多眼種族らしい言い回しや氏族間の争いなど巨人社会の描写が面白かった。エルが満足に自分の機体を造り直せるようになるのはいつごろになるだろう。