個人的な注目作品を紹介したり、たまに感想を書いたり

誰にでもできる影から助ける魔王討伐誰にでもできる影から助ける魔王討伐
槻影 bob
KADOKAWA 2016-12-24

by G-Tools

魔王を倒すために異界から召喚された聖勇者、藤堂直継。
彼のサポートを命じられた僧侶アレスは、パーティメンバーを見て愕然とする。
火系統しか使えない魔導士リミス。流派を変えたばかりの剣士アリア。そして肝心の聖勇者は、女性ばかりをそばに置き、無謀な行動を繰り返す――。
どうやって倒すんだよ魔王。色物集めてんじゃねえぞ。
アレスはそこで、自分のレベルを隠して裏からフォローするのだが……。
これは、ハイ・プリーストであるアレスが、聖勇者を英雄に導くまでの物語。
 いまいち。こういう作品はもっとギャグに徹した方が良かった気が。中途半端にシリアス要素も多いせいでリミスやアリアのふざけた性能や考えの甘い勇者の言動、それに勇者が女ばかり集めようとしたり同じ部屋に泊まることをリミスやアリアがあっさり受け入れたりとおかしなことはいろいろあるのにそれをあっさり見逃してしまう主人公のマヌケさに(いちおうもっともらしい理由もあるのだけどそれにしてももうちょっと不審に思ってもいいだろという気が)うんざりして気持ちよく楽しめなかった。

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 10 (ジャンプコミックス)背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 10 (ジャンプコミックス)
横田 卓馬
集英社 2017-04-04

by G-Tools
 最終巻。実質大会は前巻までで今回は一冊まるまるかけてのエピローグみたいな内容。これで終わりとはやはりさびしい気もするが、インフレ展開を繰り返してだらだらと引き伸ばすようなこともなく、描くべきことを描いてあとを濁さずきれいに終わったいい作品だった。巻末には原点となった読切版が収録されているけど、絵が全然違っていて別人が描いたみたいでびっくりする。しかし読切がこういう内容だから本編でも文化祭終了時点で最終回みたいな雰囲気に感じたのかと納得。

スピーシーズドメイン 6 (少年チャンピオン・コミックス)スピーシーズドメイン 6 (少年チャンピオン・コミックス)
野呂俊介
秋田書店 2017-04-07

by G-Tools
 前巻に引き続き今回も恋愛色が濃いめ。意外なところで早くもくっつくカップルなども出てきたけど、まだフラグが足りていないところは何が足りていないのだろう。主人公カップルはやはり実る条件がすげー面倒そう。大機や魅重義はいまいち恋愛感情の自覚が薄そうなのが問題か。とはいえ恋のライバルが登場して焦って~的なパターンはあまり多用してほしくないな。

競女!!!!!!!! 15 (少年サンデーコミックス)競女!!!!!!!! 15 (少年サンデーコミックス)
空詠 大智
小学館 2017-03-17

by G-Tools
 尻卒祭編スタートということで五尻打倒への流れが見えてきた感じかな。全面尻戦争の始まりというわりには駿河校の登場人物は全然姿を見せていない気がするのだけど、尻卒祭編のどこかいいところで出てくるのか、それとも尻卒祭編とは別に出番が用意されているのか、どっちだろう。あと今回、姉妹問題で悩む桜木さんが実にキマシタワー。もっともこの作品のことだからやたらと話に尻をからめるのがシュールだけど。

項羽と劉邦〈中〉 (新潮文庫)項羽と劉邦〈中〉 (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社 1984-09-27

by G-Tools
 張良、韓信、陳平といった有名どころが出てきたものの劉邦はボロ負け状態でいまいちいいところなしだった気が。これだけボロ負け状態なのに劉邦を支え続けたというだけで十分すごいのだろうけど。

僕のヒーローアカデミア 13 (ジャンプコミックス)僕のヒーローアカデミア 13 (ジャンプコミックス)
堀越 耕平
集英社 2017-04-04

by G-Tools
 父・エンデヴァ―との確執の問題が再び浮かび上がってくる轟、またもぶつかり合うことになるデクとかっちゃん(というか、かっちゃんの迷い荒れる気持ちを受け止めるデクという図式だけど)など、原点回帰的なポイントが多い巻だった。かっちゃんの荒れる気持ちもわかるし、あえてそれを受け止めようというデクの気持ちもわかるのだけど、やってることは大問題なわけでどうなるのだろう。恋心を封印することにした麗日だけど、しまっておいたまますむとも思えないわけで、いずれどういう形でこの封印が揺さぶられるのかも気になる。

王国へ続く道1 (HJ NOVELS)王国へ続く道1 (HJ NOVELS)
湯水 快 日陰影次
ホビージャパン 2015-07-23

by G-Tools

凄惨な環境で生まれ育った男・エイギルには戦いの才能があった。剣闘奴隷として育った彼は、森の奥深くに住む吸血鬼の美姫・ルーシィと出会い、戦乱の時代を生き抜く術を教わる。ルーシィが提示した、エイギルの物になる条件とは、彼が自らの王国を手に入れること。男の成長と様々なドラマ、そして激動の時代。エイギルは時には戦い、時には気に入った女を口説きながら、戦乱の時代を成り上がっていく――。
 WEB版既読。なろう作品に限らず最近のライトノベルファンタジーでは魔法無双ものが多いけど、この作品は筋力と動体視力というシンプルな強さなのがいいわ。あとがきで重要なテーマとして語られているけど、それがまさしくぴったりとハマっている感じ。それでいて頭脳派なキャラやファンタジー要素の強いキャラも出てくるのがまたいいんだよな。18禁要素ありなのであまりメジャーになりきれないけど、ファンタジー戦記ものが好きな人にはぜひ読んでみてほしい作品。

火ノ丸相撲 14 (ジャンプコミックス)火ノ丸相撲 14 (ジャンプコミックス)
川田
集英社 2017-04-04

by G-Tools
(以下ネタバレ)

[火ノ丸相撲 14]の続きを読む
本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部「領主の養女III」本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部「領主の養女III」
香月美夜 椎名優
TOブックス 2017-03-10

by G-Tools
 印刷機の改良の話とか今となってはなつかしい。後半になると貴族間の勢力争いネタが増えて商売ネタや本ネタが少なくなってしまったからな。アンゲリカはこうしてイラストで見ると美人ね。それだけに残念感がひとしお(笑) ハルトムートもさらっと登場してきたけどこの時点ではそれほど目立たないな。ハッセの町のあれは現代人が中世社会の処刑シーンを見せられるようなものだからそりゃきっついわ。

デスマーチからはじまる異世界狂想曲10 (カドカワBOOKS)デスマーチからはじまる異世界狂想曲10 (カドカワBOOKS)
愛七 ひろ shri
KADOKAWA 2017-04-10

by G-Tools
 迷宮都市編前編といった感じ。次へのつなぎのおもむきが強く、終盤が小物のたくらみを打破するだけでいまいち盛り上がらなかった。