個人的な注目作品を紹介したり、たまに感想を書いたり

軍神ちゃんとよばないで(4) (まんがタイムコミックス)軍神ちゃんとよばないで(4) (まんがタイムコミックス)
柳原満月
芳文社 2017-09-07

by G-Tools
 巻末近くでギャグ四コマ作品とは思えないほど恋愛的に盛り上がっているけど、いいのかこれ。今後を考えると悲恋の展開で重くなりそうでちょっと心配。最終的にはどういう形でまとめるのだろう。このペースだと結末にたどりつくのはまだまだ先だろうけど。長く続いてほしいけど、刊行ペースはもうちょっと上げてほしい。飛び加藤の圧迫面接はトラウマを刺激されてつらかった。戦国の世でも就職難とは世知辛いのう。

恋愛ラボ(13) (まんがタイムコミックス)恋愛ラボ(13) (まんがタイムコミックス)
宮原るり
芳文社 2017-09-07

by G-Tools
 クリスマス会編。いちおうお疲れ会という名目なのでお相手が来ないスズとサヨ先輩は後半少し出番少な目だけど、その分、スズは開始前に、サヨ先輩は後半にエピソードが用意されていてバランスがいい。しかしやはりマキとスズはだいぶ苦労しそう。女の子側は恋愛感情を自覚しているのに対し、男の子側は無自覚だしなあ。特にレンはまだ恋愛感情と呼べるかどうか怪しい。ちょっとした好意ぐらい? エノハルは無難に上手くいきそうだけど、そのぶん大きな落とし穴がありそうな気も。

政宗さまと景綱くん 2 (SPコミックス)政宗さまと景綱くん 2 (SPコミックス)
重野なおき
リイド社 2017-08-29

by G-Tools
 政宗も信長に負けず劣らず多難な人生だなあ。それを乗り越え、成功を収めたからこそ歴史に名を残す大名となったのだろうけど。小手森城攻めのエピソードからすると政宗はかなり苛烈な性格だったのか。今回は嫁の愛がいいところ見せた。

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)
松岡 圭祐
講談社 2017-06-15

by G-Tools

シャーロック・ホームズが現実の歴史に溶けこんだ。いかに彼は目撃者のいないライヘンバッハの滝で、モリアーティ教授に対する正当防衛を立証し、社会復帰しえたのか。日本で実際に起きた大津事件の謎に挑み、伊藤博文と逢着する。聖典のあらゆる矛盾が解消され論証される、二十世紀以来最高のホームズ物語。
 まあまあ。意図せずとはいえモリアーティを死なせてしまったことの是非に思い悩む様子が描かれていたり、マイクロフトとの兄弟関係を掘り下げたり、史実の大事件を上手く物語にからめていたりと面白かった。ただ、犯人が企みをべらべらと得意げに話す場面などもあったのは興ざめだった。あと伊藤博文についてはさすがに名前ぐらいは知っていたもののどういう人物かくわしくは知らなかったけど、とりあえず女性関係に大いに問題ありな人物だったのはよくわかった。

ヴィジランテ 2 ―僕のヒーローアカデミアILLEGALS― (ジャンプコミックス)ヴィジランテ 2 ―僕のヒーローアカデミアILLEGALS― (ジャンプコミックス)
別天 荒人 古橋 秀之
集英社 2017-09-04

by G-Tools
 思ったよりも本編とのつながりが強くてびっくり。まさかあの人やあの人が出てくるとは思わなかった。そして本編作者が語る通りポップちゃんが可愛かった。それまではなんとなく行動を共にしているという印象だったけど、あの回でポップがヒロインらしく印象付けられた。おじさんは無個性なのに強過ぎませんかね。まあそれを言い出したら、本編のステインなども個性と関係なくやたらと身体能力が高いのだけど。

僕のヒーローアカデミア 15 (ジャンプコミックス)僕のヒーローアカデミア 15 (ジャンプコミックス)
堀越 耕平
集英社 2017-09-04

by G-Tools
 インターン編。どうも今回はデクがワン・フォー・オールの後継者問題やらオールマイトの問題やらインターンの始まりのときに出会った少女のことやらをずっと思い悩んでいるばかりですっきりしないな。逆に今回は切島がいいところ見せた。今回は切島当番巻といっていいかと。しかしこの子、技のネーミングが昔の暴走族とかみたいね(笑) あとイレイザーヘッドも教育者として格好良かった。

信長の忍び 12 (ヤングアニマルコミックス)信長の忍び 12 (ヤングアニマルコミックス)
重野なおき
白泉社 2017-08-29

by G-Tools
 ついに武田との決戦「長篠の戦い」開幕編。さらについに実現、千鳥と千代女のリターンマッチ。まさに一大決戦といった感じ。まあ今回は開幕までの描写が長かったわけだけど、そのあたりも見ごたえがあった。鳥居強右衛門はポッと出のモブキャラかと思ったらえらく格好いい人物だった。馬場信春は要所要所で鋭いところを見せていてさすが四名臣の一人。武藤(真田)昌幸が出てきたあたりは『真田魂』とのつながりが感じられた。史実でこの決戦の勝敗がどうなるかはすでにわかっているわけだけど、そこにいたるまでの詳細がどう描かれるか楽しみ。

法医昆虫学捜査官 (講談社文庫)法医昆虫学捜査官 (講談社文庫)
川瀬七緒
講談社 2014-08-12

by G-Tools
 あらすじからしててっきり虫に関する知識によってずばずばと事件を解決に導いていくのかと思ったら全然そんなことなく少しずつしか進展がなくてじれったいし(調査なんてそんなものだと言われればその通りだろうけど、娯楽作品なんだからもっとはっきりとした見せ場がほしかった)、昆虫博士の女性学者の出番も思ったよりも少なく半分はただの刑事の事件捜査ものだった。ただ、その刑事パートが普通に面白かった。下手すりゃ昆虫学者パートよりももっと刑事パートを増やしてくれというぐらい。なので全体的には意外と楽しめたのだけど、でもやはり期待してたのとはちょっと方向性が違うしなあ……と微妙な印象。

喰いタン(2) (イブニングコミックス)喰いタン(2) (イブニングコミックス)
寺沢大介
講談社 2003-05-23

by G-Tools
 一巻を読んだときは底が浅くてもの足りないかと思ったけど、読んでいるうちにだんだんサクサクした読み心地にハマってきた。しかし凄腕の詐欺師とかプロの犯罪集団とか因縁ができた敵なども登場してきて、再対決が楽しみではあるのだけど何話も使うような大きなエピソードになってしまってサクサクした読み心地が失われてしまわないか心配。

月刊少女野崎くん(9) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん(9) (ガンガンコミックスONLINE)
椿いづみ
スクウェア・エニックス 2017-08-22

by G-Tools
 なんだかひさびさの新刊な気がするけど今回も面白かった。剣さんの過去の彼女との関係が気になる。モデルになろうとする野崎くんを混乱しながらも独占したがる千代ちゃん可愛い。アンケートの結果なども出てて、サザエさん時空もいいけど時間軸が進んで移り変わっていく姿も見てみたいなという気が。その点、今回の堀先輩のアレは関係性を動かすことになるのだろうか。千代の弟の話も面白かった。どうせならアンケート結果のひとつといわず、どのエピソードも読んでみたい。