個人的な注目作品を紹介したり、たまに感想を書いたり

黙示録 上 (角川文庫)黙示録 上 (角川文庫)
池上 永一
KADOKAWA 2017-05-25

by G-Tools

1712年、琉球王に第13代尚敬王が即位した。国師の蔡温は国を繁栄させるため、王の身代わりとなる存在「月しろ」を探し始めた。一方、貧しさから盗みを働く蘇了泉は、王宮を追われた舞踊家・石羅吾に踊りの天賦の才を見出される。病気の母親を救うため、謝恩使の楽童子として江戸に上ることを決めた了泉。だが船中には、もうひとりの天才美少年・雲胡が同乗していた……。将軍に拝謁すべく、2人の舞踊家が鎬を削る!
 まあまあ。『テンペスト』の作者のあたらしい琉球歴史長編ものということで読んでみた。最初は主人公の了泉にあまり魅力が感じられず、また苦しい状況が長々と続いて素直に話に入っていきづらかったが、読み進めていくうちに了泉も含めて登場人物たちの、決してきれいなところばかりでなく野心やろくでもない欲望を持っていたりもするものの活力にあふれた様子に好感が持てるようになってきて楽しめた。とりあえずこの上巻でひとつ大きな区切りがつくのだけど、下巻でここから話はどう動いていくのだろう。

兄の嫁と暮らしています。 2巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)兄の嫁と暮らしています。 2巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)
くずしろ
スクウェア・エニックス 2017-02-25

by G-Tools
 自分にとってこの作者は「百合とギャグの人」というイメージだったのであらためてこの作品を読むと重いな。後輩や小学生ぐらいの女の子との関わりは今後何をもたらすのか気になる。

WEB版 WORKING!! 6巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)WEB版 WORKING!! 6巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)
高津カリノ
スクウェア・エニックス 2017-04-25

by G-Tools
 最終巻。番外編ということで内容にまとまりがなかったけど最後はそれっぽくまとまっていて良かった。webでやっていたころも含めると10年以上も続いた作品だそうで、自分はコミックスで知って追っていたのでそれほど長くないけどwebのころから追っていた人にはすごく感慨深く感じられる最終巻なんだろうな。長い間お疲れ様でした。そしてこれで燃え尽きることなく次の作品も始まっているのがありがたいです。

妹さえいればいい。 7 (ガガガ文庫)妹さえいればいい。 7 (ガガガ文庫)
平坂 読
小学館 2017-05-18

by G-Tools
 今回は伊月たちよりも表紙の人物たちのエピソードが印象的。よりにもよってアニメ化発表帯がついているこの巻でこういう内容とは……。アニメ化発表にあわせてこういう内容にしたのではなくシリーズ開始当初からこういう設定だったみたいだしなあ。ラブコメとしてはある意味いきつくとこまでいっちゃったわけだけど、今後どう話を展開していくのだろう。とりあえず大きな消化すべき点としては「千尋の正体バレ」「伊月の作品のアニメ化はどうなるか」かね。

雀荘のサエコさん 3 (近代麻雀コミックス)雀荘のサエコさん 3 (近代麻雀コミックス)
重野 なおき
竹書房 2017-05-15

by G-Tools
 面白いことは面白いのだけど大きな動きはなくて、あれ、サエコさんってたしか何か目的があったんじゃなかったっけ? ……と思っていたら最後に少し動かしてきたか。また日常展開に戻るようだけど、少しずつでも姉に関する話も進めていってほしいな。

MASTERグレープ(1) (少年サンデーコミックススペシャル)MASTERグレープ(1) (少年サンデーコミックススペシャル)
土塚理弘 高橋アキラ
小学館 2017-02-10

by G-Tools
 まあまあかな。バトル描写は迫力があってけっこうなのだけど、武道・武術の経験者がろくに自制せずに力をふるおうとするのはどうなんだと思えていまいち好感が持てないところもあった。そりゃこういう作品なんだからとっととバトらせた方がウケはいいだろうけどさ。あととりあえず今回は棒、竹刀、ナイフ、槍が出てきたけど、それぞれの武器を使った技術についての踏み込みが思ったよりも浅い気が。まだ一巻目だからで、これからということなのかもしれないが。

のの美捜査中! 1 (ジェッツコミックス)のの美捜査中! 1 (ジェッツコミックス)
重野なおき
白泉社 2004-10-29

by G-Tools
 まあまあ。刑事ものギャグ四コマだけどたまにちょっとした謎解き要素もあってそれなりに楽しめた。あくまでちょっとした味付け程度であってガチな推理ものを期待するのは禁物だけど。

送球ボーイズ(1) (裏少年サンデーコミックス)送球ボーイズ(1) (裏少年サンデーコミックス)
フウワイ サカズキ九
小学館 2016-05-18

by G-Tools
 まあまあ。絵はきれいだしキャラも立っていて悪くないのだけど、なぜだろう、今すぐ続きを読みたいというほどではなかった。

灼熱カバディ(1) (裏少年サンデーコミックス)灼熱カバディ(1) (裏少年サンデーコミックス)
武蔵野創
小学館 2016-02-12

by G-Tools
 まあまあ。名前だけは聞いたことがあるけど具体的にはどういう競技なのか知らない「カバディ」ってのがどんななのか分かって面白かった。また主人公がイケメンで運動能力が高くてプライドも高くてとやたらとハイスペックなわりにはバカっぽいところもあって、でも勝負に勝つためにはちゃんと相手を観察したり何が足りてなくて何が必要なのか頭を働かせたりと魅力が感じられて良かった。しかし意外と奥が深い競技なのはわかったけど、すごく面白いと感じるまでは引きこまれなかったかな。今回はチーム内の練習ばかりだったけど、他校との試合なども始まったらまた印象は変わるだろうか。

いつかみのれば: 1 (百合姫コミックス)いつかみのれば: 1 (百合姫コミックス)
西 あすか
一迅社 2017-05-18

by G-Tools
 微妙。とりあえず格ゲーってのはおぼえること、身につけなければならないことが多くて面倒そうというのはわかった。まあそんなだからこそ本気でやろうと思うならやりがいはあるのだろうなとも思ったが。百合もののわりにはやたらとゲームにガチな作風で、もうちょっとゆるい雰囲気でキャッキャウフフと可愛い作風の方が一般受けしやすかったのではという気がしないでもない。