漫画☆☆☆☆

ここでは、「漫画☆☆☆☆」 に関する記事を紹介しています。

うらら迷路帖 (1) (まんがタイムKRコミックス)うらら迷路帖 (1) (まんがタイムKRコミックス)
はりかも
芳文社 2015-01-27

by G-Tools
 アニメから。基本的には可愛い女の子たちの面白おかしい日常ものなんだけど、たまに神様関連のことで不穏そうな気配を感じるのは矢の占い娘の昔話のせいかね。まあまだ神様が恐ろしい存在と決まったわけではないが。千矢の得意な占いは結局何なのかわからないままか。まだ見習いだから幅広く占いの勉強をしている段階なのだろうけど、このこっくりさんの伏線が消化されるのはいつになるか気になる。

とんがり帽子のアトリエ(1) (モーニング KC)とんがり帽子のアトリエ(1) (モーニング KC)
白浜 鴎
講談社 2017-01-23

by G-Tools
 意外とガッツリ王道のファンタジーしているなあ。魔法使いの弟子になって、他にも弟子たちがいて一緒に学ぶことになって。でも魔法には危険な要素もあって。裏表紙のあらすじの「絶望と希望の物語」ってのが怖いな。今のところそれほど鬱要素は無いけど、序盤にちょっときついのがひとつあったし、今後話が進んだらとことん突き落とされるような絶望的展開とかもありそう。そういう明るい要素と暗い要素が同居しているのも魅力なんだろうけど。

ニーナさんの魔法生活(1) (メテオCOMICS)ニーナさんの魔法生活(1) (メテオCOMICS)
高梨りんご
ほるぷ出版 2017-01-11

by G-Tools
 てっきり美麗な絵で描かれる世界観と、ニーナさんのおっぱいと笑顔と、アイちゃんのノースリーブのむき出しの肩やスカートから突き出た太ももから醸し出される健康的なエロスを楽しむファンタジー世界の日常もの的な作品かと思っていたら普通に不穏な要素も入ってきてまだどういう方向性の作品なのかつかみづらいな。個人的には前半の日常もの的な雰囲気の方が好みなんだけど。まあ続きにも期待。

Fate/Apocrypha(2)<Fate/Apocrypha> (角川コミックス・エース)Fate/Apocrypha(2) (角川コミックス・エース)
石田 あきら 東出 祐一郎
KADOKAWA / 角川書店 2017-01-26

by G-Tools
 呼び出されたサーヴァントの経歴の説明が軽くだけど入っていてサーヴァントの紹介が丁寧な印象。そしてこの巻のラストでようやく主人公登場。赤のランサーと黒のセイバーの激突などもあったけど、まだまだ物語は序盤ですな。

渡くんの××が崩壊寸前(3) (ヤングマガジンコミックス)渡くんの××が崩壊寸前(3) (ヤングマガジンコミックス)
鳴見なる
講談社 2017-01-06

by G-Tools
 あれ、石原さんの過去ってこれだけ? たぶん先輩の件とは別件で何かあるんだと思うけど、もしこれだけなら拍子抜けだな。一方、いよいよ紗月との過去にも迫っていくことになるのかね。紗月との過去の真相が判明すると終わりが近そうだけど、まだ消化されていない伏線もあるし、ここからどう展開するのだろう。

いきのこれ! 社畜ちゃん(1)<いきのこれ! 社畜ちゃん> (電撃コミックスNEXT)いきのこれ! 社畜ちゃん(1)<いきのこれ! 社畜ちゃん> (電撃コミックスNEXT)
結うき。 ビタワン
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 2016-05-27

by G-Tools
 巨乳の女の子を主人公にしたIT業界ブラックネタ4コマ作品。正直いまとなってはこの手のネタはめずらしくないし、掘り下げもそれほど深くなかったけど、気楽に読めてまあまあ楽しめた。あまりガチなIT業界ブラックネタを期待するのでなく、巨乳の女の子を愛でつつちょっと味付け程度にブラックネタがある作品といった感じ。社蓄ブラックネタとしては過去編の前編が一番ブラックだった。後編はドリーム。でもオチはやはりブラックだった。おっかないおっかない。

忍者シノブさんの純情(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)忍者シノブさんの純情(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)
ゆずチリ
小学館 2015-05-12

by G-Tools
 あまり華のある絵じゃないけど地味に可愛くていいね。それに主要登場人物がどの人物も好感が持てて気持ちよく読めるのも好印象。一話目で主人公がシノブさんにしつこく問い詰めるあたりはどうかと思ったが、秘密にしておこうと決めてからはそのへんも解消されたし。恋愛的な点ではまだそれほど進展がないけどそのへんは今後に期待。

掟上今日子の備忘録(4) (月刊少年マガジンコミックス)掟上今日子の備忘録(4) (月刊少年マガジンコミックス)
西尾維新 浅見よう
講談社 2017-01-17

by G-Tools
 今日子さんってある意味最高にチョロインじゃ……と思いかけたけど、ですよねー。そんな甘くないですよねー。今回が「婚姻届編」ということは原作の『掟上今日子の婚姻届』で、予告からすると次は『掟上今日子の旅行記』? 原作の刊行順を考えるとえらく早く原作に迫っているようだけど、このペースからするといくつかエピソードをとばしているのかね。原作は必ずしも厄介が相棒役じゃないようだけど、漫画版は厄介が相棒の話を優先的に消化していっているということなのかな。

ONE OUTS 12 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)ONE OUTS 12 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
甲斐谷忍
集英社 2004-08-19

by G-Tools
 倉井の話は急にお涙ちょうだい路線になったみたいでいまいち。いつぞやの児島の話といい、騙し騙されの話を描いているとたまにこんなふうにベタなイイ話をやりたくなるのかね。

ONE OUTS 13 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)ONE OUTS 13 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
甲斐谷忍
集英社 2005-01-19

by G-Tools
 ムルワカの覚醒は倉井のような感情論的なものでなく理論的なもので良かった。天海との対決はあまり盛り上がらなかったな。やはりこの作品の魅力は渡久地の邪道駆け引きであって、才能と才能の真っ向からのぶつかり合いなんて見せられてもこの作品に求めているものとは違うというか。

亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤングマガジンコミックス)亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤングマガジンコミックス)
ペトス
講談社 2015-03-06

by G-Tools
 アニメはキャラが可愛いだけであまりぴんとくるものがない印象だったが、原作を読んでみるとこちらも最初は同じような印象だったけど、やはり話が進むと面白さが見えてきた感じ。特別ギャグが笑えるってわけでもないのだけど、なんとなくキャラのちょっとした言動が楽しいというか。あまえたがりで身体の方もわがままボディらしいデュラハンちゃんが可愛いです。でもたしかに恋愛のハードルは高いだろうなあ。まあ世の中には『デュラララ!!』の新羅みたいなやつもいるかもしれんが。ヴァンパイアちゃんは普通にええ子や。

ちるらん 新撰組鎮魂歌 1巻ちるらん 新撰組鎮魂歌 1巻
橋本エイジ 梅村真也
ノース・スターズ・ピクチャーズ 2011-04-20

by G-Tools
 まあまあそれなりに楽しめたけど、今のところ新撰組要素は薄くてチャンバラ喧嘩バトルものといった感じかな。新撰組もの、歴史ものとしての見どころは次巻以降かね。

極黒のブリュンヒルデ 15 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)極黒のブリュンヒルデ 15 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
岡本倫
集英社 2015-10-19

by G-Tools
 基本的には修学旅行編ということで今まででは考えられないぐらい穏やかで幸せな時間。この時間を小鳥も迎えられなかったのが何とも切ない。しかしそんな幸せなひと時も最後のあの展開からしてこれが最後かね。ここからはクライマックス一直線になりそう。

極黒のブリュンヒルデ 16 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)極黒のブリュンヒルデ 16 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
岡本倫
集英社 2016-01-19

by G-Tools
 容赦ない犠牲が出る一方でいちおうまだ日常描写継続といった感じ。そしてここにきてまたぽんぽん新キャラが出てくるなあ。ちゃんときれいにまとめられるのだろうか。