漫画☆☆☆☆☆

ここでは、「漫画☆☆☆☆☆」 に関する記事を紹介しています。

お前ら全員めんどくさい!(6)お前ら全員めんどくさい!(6) (メテオCOMICS)
TOBI
ほるぷ出版 2017-02-08

by G-Tools
 一宮にちゃんと対応してクニヒコ先生いいとこ見せた。今回表紙の栗原は気が多いのが難点だけど、自分の欲求に正直なところが好感が持てていいね。決して空気が読めないタイプでもないし。委員長は常識人な分、いまだに出遅れ気味な印象。ここから挽回できるのか。さらにお姉ちゃんの方は妹ラブなんでいまだにヒロインに数えていいかわからないぐらいだけど、この子もどこかで確変がくるのかね。そういう安定パターンに入った日常を揺るがすための最後のあの展開なのか。続きが楽しみ。

うらら迷路帖 (3) (まんがタイムKRコミックス)うらら迷路帖 (3) (まんがタイムKRコミックス)
はりかも
芳文社 2016-05-27

by G-Tools
 九番占昇格試験、千矢の出生の秘密に関わるトラブル、ついに発動する千矢の占い、あらたな環境、あらたな出会い……と大きく話が動いた巻だった。しかし千矢の占いについてはかなり初期のころに伏線があったけど、あの伏線からこういう占いだと予想するのは不可能な気が。というか千矢の占いって占いというより異能みたいな印象。あらたに仲間に加わった臣との関係はまだまだこれからで、どうなるか楽しみ。

信長の忍び 11 (ヤングアニマルコミックス)信長の忍び 11 (ヤングアニマルコミックス)
重野なおき
白泉社 2017-02-28

by G-Tools
『真田魂』を読んでいるとこちらではまだ武田勢が存続していることに違和感をおぼえてしまうな。長篠の戦いで千鳥と千代女の決着もつくことになるのだろうか。三位殿は不気味で怖く思えるけど、家族を殺され、自身も命を狙われながら泥水をすすり草をかじって生き延びるような経験をすれば、そりゃあこれぐらい恨むよなという気も。しかし如春の言う通りこの時代そんな境遇の者はいくらでもいたわけで。乱世ってやっぱ恐ろしいわ。

ママレード・ボーイ little 5 (マーガレットコミックスDIGITAL)ママレード・ボーイ little 5 (マーガレットコミックスDIGITAL)
吉住渉
集英社 2017-01-25

by G-Tools
 本編の延長戦みたいなものなのであまりドロドロさせずふわっとした路線でいくとか一巻ぐらいでいっていたようなおぼえがあるのだけど、やはり恋のライバルが次々と出てくるのは変わらないのか。まあそりゃ恋愛ものなんだからこういう恋のいざこざが一番人気があるのだろうけどね。無印版では一度別れたり実の兄妹疑惑があったりしたわけだが、さてこっちはどうなるだろう。

ゆるキャン△ 3巻 (まんがタイムKRコミックス)ゆるキャン△ 3巻 (まんがタイムKRコミックス)
あfろ
芳文社 2017-02-10

by G-Tools
 なんだかキャンプをしている場面より移動の場面が長かったので小旅行もののような印象になってきた気が。まあそりゃ厳密にキャンプする場面だけに限ってしまったら、テントを設営して食事して寝袋で寝るだけになってしまうし、キャンプ旅行ものと考えれば移動中の寄り道も醍醐味だろうけど。あと今回の話を読んでたらほうとうと焼き豚まん食べたくなった。

なでしこドレミソラ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)なでしこドレミソラ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
みやびあきの
芳文社 2017-03-11

by G-Tools
 ようやくメンバーが勢ぞろいということで今回はメンバー間の交流と掘り下げがメインな印象。その分、楽器に関するうんちくは減った感じだけど、そのへんは一歩踏み込んだ世界が描けるかもという次からに期待。高校生の部活(というか同好会)としてはマイナーなジャンルなので活躍の場は限られてくるがどうするかとか、やはり将来的には巻頭のカラー口絵のような和服姿で演奏するようになるのかなとか、今後の展開も楽しみ。

ワールドトリガー 18 (ジャンプコミックス)ワールドトリガー 18 (ジャンプコミックス)
葦原 大介
集英社 2017-03-03

by G-Tools
 三雲隊はワイヤー戦術がハマっていい感じだが、まだまだ安定して勝てる実力チームとは言いがたい状況だな。そのへんを補強するためのあの人物の参戦なわけだが、どういうトリガーの組み合わせを選ぶのか気になるところ。さらに玉狛第2の古株なんて登場人物たちも出てきて続きが待ち遠しいのだけど、連載中断中というのが何とも残念。とはいえ、作者さんには身体を大事にしてちゃんと治してほしい。復帰を楽しみに待っている。

徒然チルドレン(7) (週刊少年マガジンコミックス)徒然チルドレン(7) (週刊少年マガジンコミックス)
若林稔弥
講談社 2017-02-17

by G-Tools
 夏祭り~体育祭のころまで。ストーリー的にも折り返しだそうで、きっちり終わりに向かって話が進んでいたのか。さまざまなカップルがいるわけだけど、最終的にどう話をまとめるのだろう。あやしいフラグが立っている(恋愛的な意味でなくて)香取先輩はどうなるのか気になるところ。

うらら迷路帖 (2) (まんがタイムKRコミックス)うらら迷路帖 (2) (まんがタイムKRコミックス)
はりかも
芳文社 2015-11-27

by G-Tools
 あれ、もう九番占への昇格試験が始まるのか。それほど修行なんてしていない印象なのに(笑) まあまだ九番占になれたわけじゃなくて試験の本番はこれからみたいだし、最終目標は一番占なんだからこれぐらいのペースでもおかしくないか。小梅の原点なども明かされたわけだけど、現在のマリはどうしているのか気になる。

かぐや様は告らせたい 3 ~天才たちの恋愛頭脳戦~ (ヤングジャンプコミックス)かぐや様は告らせたい 3 ~天才たちの恋愛頭脳戦~ (ヤングジャンプコミックス)
赤坂 アカ
集英社 2016-10-19

by G-Tools
 さすがに3巻目ということで話が恋愛頭脳戦に限らず幅が広がってきたが今回も面白かった。今回から登場の生徒会第4のメンバー石上会計はこういうキャラか。面白いポジションだな。たしかに四宮先輩(かぐや)はこわいよね(笑) しかしキャラ紹介を見ると本作の裏主人公とか書かれててびっくりした。そんな重要キャラだったの!? 表紙からして今回は早坂がメインかと思ったら、たしかにメイン回も一回だけあったけどそれだけだったのはちょっと残念。でも裏方役の近侍さんという設定だからしかたないか。

ろんぐらいだぁす!: 8 (REXコミックス)ろんぐらいだぁす!: 8 (REXコミックス)
三宅 大志
一迅社 2016-11-22

by G-Tools
 前半は亜美がずいぶん成長したことが感じられてもうそろそろこの作品も終わりが近いのかなと思ったが、後半はまた新たな挑戦を始めて力不足なところも見えてきたりとまだまだ続けられそう。まあ区切りをつけようと思えばいつでも「わたしたちはようやくのぼりはじめたばかりだからな、はてしなくきつい坂をよ」でつけられる作品だと思うけど、最終的にどこまでいくのだろう。そして妹ちゃんは出てきたものの後輩ちゃんは今回も出番無しとは。

ろんぐらいだぁす!: 7 (REXコミックス)ろんぐらいだぁす!: 7 (REXコミックス)
三宅 大志
一迅社 2016-06-27

by G-Tools
 強風も問題になるのか。つくづくロードレーサーは日常の足に向かないな。今さらな話だし、本当に強い風だとママチャリでもろくに進めなくなったりするけどさ。夏合宿で新たな挑戦へ。そのためか今回は後輩ちゃんの出番は無しだったのはちょっと残念。