小説☆☆☆☆

ここでは、「小説☆☆☆☆」 に関する記事を紹介しています。

無法の弁護人3 もう一人の悪魔 (Novel 0)無法の弁護人3 もう一人の悪魔 (Novel 0)
師走 トオル toi8
KADOKAWA 2017-02-15

by G-Tools
 今回で大きな一つの区切りらしいけど、次からそんなに今までとは大きく変わった内容になるのかな? 今までだって本多は阿武隈にあれこれ文句をつけつつもコンビを組んできたわけだし、たいして変わらない気がするんだが。それに今回の裁判は阿武隈の悪魔の策略による勝利というより半分は検察側の自滅みたいなものでいまいち終盤の盛り上がりが弱かった気が。井上検事の人生も今回の事件をきっかけに大きな転換期を迎えるようだけど、今後どう変わっていくのか気になる。

神さまは五線譜の隙間に (メディアワークス文庫)神さまは五線譜の隙間に (メディアワークス文庫)
瀬那和章
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2016-06-25

by G-Tools

 念願かなって町の小さな調律事務所に就職が決まった幹太は、業界内で「エスピー調律師」と揶揄される時子の助手として働くことに。シンプルな黒スーツに鋭い目つき、無愛想な態度――時子の醸し出すエスピーのような雰囲気に最初は尻込んでいた幹太だが、彼女の天才的な手腕と真摯な仕事ぶりに尊敬の念を抱き始める。
 依頼人が望む「音」を作るために奮闘し、ときにピアノと音に隠された謎を解き明かしてゆく時子たち。調律が終わり、ピアノに神さまがおりた瞬間、様々な依頼人の心に温かい奇跡が訪れる――。
 そつなくまとまっていてそこそこ楽しめるのだけど、あとに残るものが少なくてすぐに印象が薄れてしまいそうな感じ。調律師のお仕事ものというにはそれなりに薀蓄も音楽ネタも散りばめられているけど掘り下げが深くなくて、新人の主人公が毎日の仕事の中でどういうことに直面してどのように成長しているのかがあまり見えてこなかった。また主人公たちが抱えるドラマもこの一冊できれいにまとまり過ぎていて広がりが感じられないのが残念。なんだか不満ばかりみたいだけど総合的に見れば十分いい作品だと思う。それだけに惜しいというか。

魔弾の王と戦姫<ヴァナディース>16 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫<ヴァナディース>16 (MF文庫J)
川口 士 よし☆ヲ 片桐 雛太
KADOKAWA 2017-01-25

by G-Tools
 表紙がリムで火の粉っぽいエフェクトがついているので、まさか双剣がフィグネリアからリムの手に渡ってリムが戦姫になる展開か!? と予想したけど全然そんなことなかった。そりゃここで簡単に主が変わったら双剣はとんだ尻軽竜具でフィグネリアとはなんだったのかってことになってしまうので可能性が低いことはわかっていたけどね。しかし表紙を見てもやはりリムは双剣っぽいものを持っているように見えるし、次の前半あたりでフィグネリアと決着がついてフィグネリアは死亡しリムが次の戦姫になるという可能性はまだ残っているのかも。

ロード・エルメロイII世の事件簿 5 case.魔眼蒐集列車(下) (書籍)ロード・エルメロイII世の事件簿 5 case.魔眼蒐集列車(下) (書籍)
TYPE-MOON BOOKS

by G-Tools
 ここからシリーズ後半戦ということでシリーズ全体の結末に関わりそうな人物が顔見せ。しかし死徒やらサーヴァントやら代行者やら魔術師やらが入り組んで非常に派手な展開なんだけど、そのせいか今回はⅡ世の謎解きの影響力が少々薄めだった気が。終盤の描写からして最後はエルメロイ教室総出の大決戦になるのかね。ルヴィアや凛も参戦することになるのだろうか。ルヴィアはともかく凛の方はこの作品の時系列がその時どのあたりまで進んでいるかにもよるだろうけど。

Re:ゼロから始める異世界生活 (7) (MF文庫J)Re:ゼロから始める異世界生活 (7) (MF文庫J)
長月 達平 大塚 真一郎
KADOKAWA/メディアファクトリー 2015-09-25

by G-Tools
『白鯨』討伐編ともいうべき巻だけど個人的にはその前のクルシュとの交渉の方が好み。スバルの騎竜となるパトラッシュもここから本格的に話に関わってくるけどまだ現時点ではそれほど大きな存在感ではないな。これがもう少し後になるとパトラッシュたんマジヒロインというぐらいになるのだけど。ヴィルヘルムの過去もこの巻で語られるのだけど要点はすでにここでわかっているわけで。外伝の過去編では何が語られているのだろう。

Re:ゼロから始める異世界生活2 (MF文庫J)Re:ゼロから始める異世界生活2 (MF文庫J)
長月 達平 大塚 真一郎
KADOKAWA/メディアファクトリー 2014-02-22

by G-Tools
 こうして今読んでみると初期のレムとラムの描かれ方には少々違和感が。そういえばレムとラムでステレオ発言なんてしてたっけ。その後はほとんど見られなくなったけど。このころの流れだとどちらかというとむしろラムの方とフラグが立ちそうな印象なのもびっくり。あとがきによるとこの作品は無力な主人公が高嶺の花なヒロインを振り向かせるために足掻き続ける物語として生まれたそうだけど、エミリアはかなりチョロいヒロインな気が。そりゃ嫉妬の魔女関連でかなり重いものを背負ってはいるけどね。

アンデッドガール・マーダーファルス 2 (講談社タイガ)アンデッドガール・マーダーファルス 2 (講談社タイガ)
青崎 有吾
講談社 2016-10-19

by G-Tools
 ミステリというよりも活劇寄りの内容になったなという印象。まあ密室で守られた宝をめぐっての探偵と怪盗の頭脳戦とか暗号解読といった要素もあるけど、もうちょっとミステリ成分を濃くしてほしかった。鳥と間違えて取り違えたあたりの流れは笑えた。まさしくファルス(笑劇)といった感じ。あと静句がエロかった。あの後どうやっておさめたのか、私、気になります。

魔法少女育成計画 16人の日常 (このライトノベルがすごい! 文庫)魔法少女育成計画 16人の日常 (このライトノベルがすごい! 文庫)
遠藤 浅蜊 マルイノ
宝島社 2016-10-15

by G-Tools
 アニメ放送中ということでシリーズ一作目の16人に限定した短編集。基本的には面白おかしい日常ものなんだけど珠の話はしんみりしたな。イラストレーターさんのあとがきのイラストを見てコメントを読むとなおさら。シスターナナとウィンタープリズンは思った以上にガチなのね。今回収録されている短編の話の後どうなってこうなったのか気になる。

剣と炎のディアスフェルド (電撃文庫)剣と炎のディアスフェルド (電撃文庫)
佐藤 ケイ PALOW
KADOKAWA 2016-10-08

by G-Tools

 大陸の西端、ディアスフェルドと呼ばれる地方に、超大国アルキランが突如侵攻した。攻め込まれたイアンマッド王国は、和議と引き替えに兄王子ルスタットを人質として差し出した。
 残された弟王子レオームは、剣の達人だが腰抜けと評判の軟弱者。兄が戻るまで国を守ると誓うが、疲弊した王国は周辺国に狙われ、更には父王の暗殺、老臣の叛乱と、次々に危機が襲う。果たしてレオームは王国を守り切れるのか。
 一方生まれついての英雄ルスタットは敵地にあっても尚、その剣と勇気と不死身の体で着実に名声を高めていく。
 剣と炎が舞い散るファンタジー戦記、開幕!
「ライトノベルのファンタジー戦記もの」というより「海外児童文学のヒロイックサーガ」という感じ。あるいは『アーサー王物語』のような古い騎士物語みたいとでもいうか。よくある中世西洋風ファンタジーでありながら一味違った作風になっているのがいかにもこの作者らしい。最初はこの作者らしさが見えなくていまいち読書が進まなかったけど、途中からはこの作品の味わいがわかってきて一気に読んで楽しめた。主人公兄弟どちらも気持ちのいい性格なのだけど不穏なフラグが立っていて、最終的にどういう結末にいきつくか気になる。

宮本武蔵(一) (新潮文庫)宮本武蔵(一) (新潮文庫)
吉川 英治
新潮社 2013-01-28

by G-Tools

屍ひしめく関ヶ原で命からがら落ち延びた武蔵(たけぞう)と又八。お甲・朱実母娘の世話になり一年後、武蔵はひとり故郷に戻るが、その身を追われ……。憎しみに任せ、次から次へと敵を打ち殺す野獣武蔵に対峙する、沢庵。殺めるためではなく護るための剣とは? 一介の武弁が二天一流の開祖宮本武蔵(むさし)に至るまで志を磨く道、ここに始まる!
 まあまあ。最初は言葉づかいが古くてなじみづらかったけど、100ページほど読んで慣れたらあとは一気に読めた。大筋は『バガボンド』で知る通りの流れだけど、細かいところではあれこれ違いが。『バガボンド』では武蔵の姉なんて出てこなかったしなあ。ただ、登場人物の魅力も、剣術描写の迫力も、剣術を通した人生哲学も現時点ではまだそれほど引き込まれるものが無く、この序盤部分だけで比較するならやはり少年漫画を読んで育った身としては『バガボンド』の方が心動かされるものがあった。あくまでこの序盤部分だけなら、の話だけど。

獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)
上橋 菜穂子
講談社 2009-08-12

by G-Tools

カザルム学舎で獣ノ医術を学び始めたエリンは、傷ついた王獣の子リランに出会う。決して人に馴れない、また馴らしてはいけない聖なる獣・王獣と心を通わせあう術を見いだしてしまったエリンは、やがて王国の命運を左右する戦いに巻き込まれていく――。新たなる時代を刻む、日本ファンタジー界の金字塔。
 ぶつ切りみたいな印象の終わり方でびっくりしたけど、文庫版あとがきを読んでこういう意図があったからかと半分は納得。でももう半分は「この物語は遠い他者へ声を届かせようとする思いを描いたもの」というのであれば国の陰謀劇は余計で、あくまでエリンとリランの関係に話をしぼるべきだったのではという気が。同じ文庫版あとがきに国と政治の描写も必要だったと書いてあるけど、個人的にはいまいち必要性がわからなかった。まあ、そっち方面にはあまり関心を持たないで読み進めたからかもしれないが。

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉15 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉15 (MF文庫J)
川口 士 片桐 雛太
KADOKAWA/メディアファクトリー 2016-08-25

by G-Tools
 魔物側が身内同士で争ったかと思えば戦姫側も身内同士で争い始めちゃったでござるの巻。そしてあと二冊で完結予定とはびっくり。てっきり戦姫全員(+他数名)をハーレム化して王になるところまでやるのかと思っていたら、あと二冊ではとてもそこまで進みそうにないなあ。ブリューヌの王になるのはほぼ既定路線、エレンとティッタは攻略済みとして、あと二冊でどこまでいけるのだろう。