ヤングガン・カルナバル(1)

ここでは、「ヤングガン・カルナバル(1)」 に関する記事を紹介しています。

4797351659ヤングガン・カルナバル1 (Flex Comix)
佐藤 夕子 (著), 深見 真(原作) (著)
ソフトバンククリエイティブ 2008-12-11

by G-Tools

高校生で殺し屋、勉強と恋愛は苦手――。普段は内気な高校生・木暮塵八と、授業をサボっては自分好みのカワイイ女のコを探す困った女子校生・鉄美弓華。しかし、ふたりの正体は、若くして人殺しの術をマスターした、凄腕の"若い殺し屋(ヤングガン)"! 社会に生きる現実と、人殺しの自分との狭間で揺れる少年少女の孤独な心を描く、小説界の過激派・深見 真の人気ハードアクションストーリーを、漫画界の新星・佐藤夕子がコミカライズ!
 原作既読。トクマ・ノベルズEdgeから出ている同名小説の漫画版。第1話「高校生で殺し屋 勉強と恋愛は苦手」~第4話「ガール・ミーツ・ガール」収録。

 小説版を読んだ人でも楽しめるよう、原作者が漫画版用に新たに書き下ろしている。そのため第1話の時点で既に塵八と弓華が知り合っていたり、弓華が伶のことを知る過程などが小説版と違っていますな。まあ、そういった微妙な違いはあれど、今のところまだ始まったばかりだし、大筋に違いはないが。鳳凰連合が四代目姐御になって武闘派路線に変わったとか、平等院組の組長が襲撃を受けたとか、チラホラと伏線が張られているようだけど、どこまでやるのだろう。

 思ったよりも絵に違和感は感じなかった。でも原作小説は淡々とした語り口調と、それとは裏腹に日本が舞台とは思えないほどド派手な銃撃バトルが魅力だったのに対して、漫画版はこれといってたいした特徴もない地味な高校生殺し屋ものといった印象でしかないのが気になるところ。これじゃあ原作ファンがこの漫画版を読むことはあっても、漫画版から原作を読んでみようとする人は少なそうな気が。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/585-83f08889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック