さよならピアノソナタ4

ここでは、「さよならピアノソナタ4」 に関する記事を紹介しています。

さよならピアノソナタ〈4〉 (電撃文庫)

恋と革命と音楽が織りなす物語、感動の完結編!

 真冬と出会った春。
 海への合宿とはじめてのライブを経験した夏。
 さまざまなイベントを経て真冬への想いに気がついた秋。
 ──そして冬。真冬の誕生日とクリスマスの季節。ナオはその機会に自分の想いを言葉にしようとするが、神楽坂の思惑や千晶の想いに翻弄され、なかなか一歩が踏み出せない。
 一方で再度のライブに向けてフェケテリコは練習を開始する。そんな中、真冬の身に異変が起こり──。
 はたしてフェケテリコと四人の恋の行方は?
 音楽に彩られたおかしくてせつない物語、ついに完結。
 音楽青春もの。シリーズ完結編。まさに最終巻にふさわしい盛り上がりだった。

(以下ネタバレ)














(ネタバレ開始)

 正直なところ、前半はナオの超絶鈍感ヘタレぶりがひど過ぎてイライラしてしかたなかった。これまでも周りの女の子の恋心に気づかない鈍い男として描かれてきたけどまさかここまでとは。しかも自分の気持ちに気づいたのにそれでもまだうじうじしているばかりだわ、そのせいで千晶たちを傷つけるわ。鈍いっていうのはある意味罪だよなあ。

 それに真冬や千晶にしたってそうで、真冬も待ってばかりいないで自分から距離を詰めればいいのにそうしようとしないし(実際のところそれなりにアプローチはしているし、かなり決定打に近いことも言っているけど。やはりあれで行動を起こせないナオがヘタレなんだよな)、千晶もいい子なんだけど、そんな勝手に自己完結していい子でおさまってしまわないで、もっと正直に気持ちをぶちまけてしまえばいいのに、それができないのだから恋を失うことになってしまってもしかたないよなと。

 というわけで、どうにもこの恋模様がもどかしくてしかたなかった。先輩はがんばって行動を起こしているけど、いつもの通り効果なし。それどころか今回は裏目に出てしまうし。

 でも後半の盛り上がりが非常に良かった。失ってしまったからこそ、真冬への灼けつくような想いが痛いほどはっきり感じられて、その痛みも絶望も虚しさもすべて呑み込んで音として叩きつけるあたりがとてもロックンロール。素晴らしい。ライヴの場面は泣きそうになった。哲郎も最後まで美味しいところを持っていったよなあ。その後、時が過ぎて先輩の卒業式がきてもナオはまだ行動を起こせないままなのだから、ここまでくるともはやヘタレも筋金入りだなと苦笑い。とはいえ、最後は特別なあの場所で再会してさわやかに終わって本当に良かった。

 ただちょっと残念なのは真冬の出番が少なくなってしまったこと。真冬の出番が少なくても、というか不在だからこそ強くその存在の大切さが感じられる描写になっているのはわかるのだけど、それはそれとして、やはりもっと真冬と一緒にいるところが見てみたかったなというか。わがままな願いだけど。

 個人的に『火目』も『神様のメモ帳』も読んだことはあったけど、この作者の作品を本格的に追いかけるようになったのはこのシリーズを読んでからだったので、やはり特別なシリーズで、読むことができて本当に良かったと心から思える作品でした。作者さま、編集者さま、このシリーズの出版に関わった皆さま、最後までお疲れ様でした。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/575-da6e6283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック