迷宮街クロニクル (1) 生還まで何マイル?

ここでは、「迷宮街クロニクル (1) 生還まで何マイル?」 に関する記事を紹介しています。

迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? (GA文庫)迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? (GA文庫)
林 亮介 (著), 津雪 (イラスト)
ソフトバンククリエイティブ 2008-11-15

by G-Tools

 京都、迷宮街。

 ここでは、人は簡単に死ぬらしい。

 一昨年、突然京都を襲った大地震。それをきっかけに口を開いた大迷宮からは怪物たちがあふれ出し、当初自衛隊に掃討させようとした政府はそれが有効でないと悟るや、一般人の志願者に迷宮の探索を委ねた。

 怪物を倒し、その身体の一部を換金することで莫大な利益を得る現代のゴールドラッシュ。そのリスクは死亡率14%といった数字になって、志願者のもとに返ってくる。

 京都・迷宮街。今日もここで様々なドラマが幕を開ける。命を預けるメンバーは、たとえば恐ろしく綺麗な双子の少女。人は様々な思いを持ち、今日も迷宮に降りる――。

 Webで好評を博した群像劇に大幅な加筆修正を施し、ついに書籍化。
 もととなったWEB版は『和風Wizardry純情派』というそうだけど、そちらは未読。この作品を読むのはこれがはじめて。中巻に続くとのことなので、上中下巻の全三冊構成の様子。

 現代日本を舞台にRPGみたいに洞窟に潜って化物と戦っている人々を描くをということで、冒険者たちの生活や考え方がよりイメージしやすいというか、身近に感じられるのが良かった。TRPGのリプレイとか読んでいると、冒険がないときはやたらとのんびりしているようだけど生活は大丈夫なんだろうかとか、将来のことを考えて貯金とかしないのだろうかと疑問に思ったりしたものだけど、この作品を読んで「なるほど、こういう感覚なのね」とわかった気がする。

 ただビジュアル的にはあまり見栄えがしないのが残念。防具がツナギって。そりゃ現実的に考えればごつい鎧をガチャガチャ着込んで戦うってわけにはいかないだろうけど。マジックアイテムとかもほしかった気がするが、あまりそういった便利過ぎるアイテムがあるとこの作品の特徴であるリアリティが薄れてしまうか。

 銃の使用に関してはそういった世界観なのだと割り切って読んでいたのだけど、現在潜れる中で最も深い場所で強敵が出てきたときにあっさり銃でかたがついた描写があって、さすがにやはり銃を使った方がいいのでは? と思えてしまったな。それに洞窟内の怪物を倒して貴重な資源を手に入れることができるなら、民間に任せていないで国が乗り出してきて独占しそうな気がするのだが。

 多数の登場人物が出てきて視点もころころ変わるけど、あくまで真壁が主人公格という印象で、群像劇というには思ったよりも他の登場人物の掘り下げがもの足りなかった気が。真壁の日記と同じような感じでメールの文章が出てくる天才少女らしい鈴木秀美は準主役級扱いということなのかね? 今後どういう活躍を見せてくれるのか気になるところ。

 恋愛要素に関しては真壁と翠に立っているフラグがどうなるかな。真壁には他にしっかり恋人がいるし、だいたいこの作品は死ぬときは主要登場人物でも容赦なく死ぬようだから、フラグがどうこうなる前にあっさり死んでしまう可能性も十分考えられるわけで。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/574-d462bf7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック