超人ロック風の抱擁 (4)~(6)

ここでは、「超人ロック風の抱擁 (4)~(6)」 に関する記事を紹介しています。

超人ロック 風の抱擁(4) (ヤングキングコミックス)超人ロック 風の抱擁(4) (ヤングキングコミックス)
聖悠紀
少年画報社 2012-12-27

by G-Tools
 前半はロック救出のためまわりの人物ががんばる流れ。アイザックとその奥さんがいいキャラしているなあ。この二人の過去のエピソードも読みたくなってきた。ところで作中に「第二段階」という用語が出てきたけど、ふと考えてみると前巻のラストでロックは命の危機に陥ったはずなのになぜ第二段階が発動しなかったのだろう? 長年の経験でロックも多少なりとも第二段階が制御できるようになっててミラのために発動させなかったとかかね? ジャック・メレーはロックを殺したいなら玉座に捕らえないで、頭を吹っ飛ばすなり身体を粉々にするなりすれば良かったのでは。

超人ロック 風の抱擁(5) (ヤングキングコミックス)超人ロック 風の抱擁(5) (ヤングキングコミックス)
聖悠紀
少年画報社 2013-07-30

by G-Tools
『ZZ』のプルを思い出す。ロックは指名手配されているのになぜマトリクス操作で別人の姿にならなかったのだろう。好意的に解釈するならば「愛するミラが記憶を失ってロックを忘れているような状況なのだから早く記憶を取り戻してもらうためにもロック本来の姿のままでいた」と考えることもできるけど、単なるいつものうっかりの可能性の方が高く思える(笑)

超人ロック 風の抱擁(6) (ヤングキングコミックス)超人ロック 風の抱擁(6) (ヤングキングコミックス)
聖悠紀
少年画報社 2013-12-27

by G-Tools
 ここにきてロックとミラのロマンス描写が濃くなった気が。今回の事件はやたらと厳しいけど、メタ的に見ればこれってつまりなかなか己の恋愛感情にストレートになれないロックとミラの背中を後押しをするための事件なわけね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/5223-6a688c1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック