金色機械

ここでは、「金色機械」 に関する記事を紹介しています。

金色機械 (文春文庫)金色機械 (文春文庫)
恒川光太郎
文藝春秋 2016-05-10

by G-Tools
 章が移り変わるたびに物語の舞台となる時代も移り変わるのが最初は面倒に感じたけど、わりとすぐに前章とのつながりは示されるし、さまざまな因果の積み重ねがパズルのように組み合わさってつながっていくのが面白かった。しかし金色様のルーツはだいたいわかるけど、熊悟朗の心眼や遥香の菩薩の手についてはどんな秘密があるのかと思えば特に説明はなく、単なる天然の超能力者みたいなものだったのは少々中途半端な気も。こういう特異な設定を持ち出すならすべて関連付けた方が良かったのでは。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/5169-2227d63b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック