ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌

ここでは、「ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌」 に関する記事を紹介しています。

ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌 (電撃文庫)ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌 (電撃文庫)
峰守 ひろかず 三上 延
KADOKAWA 2017-03-10

by G-Tools

 鎌倉のとある高校に、豊富な蔵書を持ちながら、利用者が少なく廃止寸前の旧図書室があった。図書部に在籍する、読書すると作品世界に没頭しちゃう小動物系な卯城野こぐち。彼女はその体質から、落ち着いて読書できるのが旧図書室だけだった。そんな旧図書室とこぐちを助けるため、秘密の趣味は朗読配信と中二病な小説執筆の前河響平が立ち上がる。生徒会長に掛け合うと、旧図書室維持のため、生徒同士で書評バトルを行う「ビブリアファイト」に挑むことになり――。
 お勧めの本をプレゼンするビブリアファイトでは、実在の名作を多数紹介。原作小説の栞子さんも登場する、本好き少女と恋する少年を描く、青春の1ページ。
 微妙。大筋では悪くなかったのだけど、主要登場人物の一人である生徒会長のやっていることが、作中では軽く流されているけど弱みにつけこんでの脅迫で気分が悪くなった。また本の紹介はたしかに読んでみたくなったけど、エピソード全体を使って紹介している印象で、対戦相手のプレゼンや場合によっては主人公のプレゼン内容も省略されている場面があったのが残念。特に印象に残った本の紹介は『若草物語』。『若草物語』って日常系百合ものだったのか(笑) あと作中では題名が出てこなかったけどこぐちさんが薦めたというバッドエンドものが気になる。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4880-733ddbcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック