蜜蜂と遠雷

ここでは、「蜜蜂と遠雷」 に関する記事を紹介しています。

蜜蜂と遠雷蜜蜂と遠雷
恩田 陸
幻冬舎 2016-09-23

by G-Tools

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」というジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵16歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ・アナトール19歳。彼らをはじめとした数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?
 最初はすごくいいと思えたのだけど、ずっと同じような調子で続くし、登場人物の掘り下げなども足りないように感じられたし、特に大きなトラブルもなく進んでしまうので喜怒哀楽がそれほど揺さぶられないなど、読み進めていくうちに欠点も見えてきて、最終的な印象としては良かったけど手放しではほめられないといった感じ。でも、なんだかんだで好きよこの作品。悪意も悲劇もなくおだやかできれいすぎる内容だとは思うけど、おかげで上下二段組み500ページ以上というボリュームに関わらず終始心地良く読み進められたし。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4833-0ca71f11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック