女王のポーカー

ここでは、「女王のポーカー」 に関する記事を紹介しています。

女王のポーカー (新潮文庫)女王のポーカー (新潮文庫)
維羽 裕介
新潮社 2016-11-28

by G-Tools

浦原甚助が1週間前に出会った転校生・江頭妙子は、ポーカー素人のはずだった。しかし今目の前で微笑む彼女は、強豪サークルを一人で潰し部室を奪い、おまけに浦原を完膚なきまでに叩きのめしたポーカーの女王である。女王は言う。「一緒に王を倒そう」。敵は無敵のドリームチーム、対する女王の兵隊は不登校、劣等生、犯罪者、そして学校一の嫌われ者・浦原。頭脳スポーツ青春小説開幕! 『スクールポーカーウォーズ1』改題。
 ポーカーものということで論理と心理的駆け引きの勝負が楽しめるかと読んでみたけどいまいち。第一にカタカナの専門用語が多くて何を言っているのかわかりづらい。なんとなく大ざっぱなイメージはつかめるけど、もうちょっとわかりやすくしてくれよという気が。第二に実際に勝負している場面の描写は少なくて省略されがちだったのががっかり。おかげで江頭がどうすごいのかもよくわからないし、語り手の主人公がどの程度の実力なのかもよくわからん。これでどう盛り上がれと。本番は次ってことなんだろうけど、これじゃあ続けて次も読みたいとは思えなかった。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4800-25562afd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック