ジキルとハイドと裁判員 (1)

ここでは、「ジキルとハイドと裁判員 (1)」 に関する記事を紹介しています。

ジキルとハイドと裁判員(1) (ビッグコミックス)ジキルとハイドと裁判員(1) (ビッグコミックス)
森田崇 北原雅紀
小学館 2009-04-30

by G-Tools
 いまいち。ジキルの心の変化が急激過ぎて期待していたのとは違っていた。いくら事件の真相がわかるとはいえ裁判の流れを意図的に操作することにもっと苦悩するのかと思っていたら、意外とあっさり尊敬する先輩を敵にまわしてでも自分の正しさを貫くようになってしまって残念。それに一裁判員がこんな露骨に裁判の方向性を誘導してたいして問題にならない(先輩裁判員たちに目をつけられるようになったぐらいか)のもどうなんだという気が。人の心証なんて簡単に流されてしまうものだという問題提起も兼ねているのかもしれないけど。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4750-75b3e45c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック