宮本武蔵(一)

ここでは、「宮本武蔵(一)」 に関する記事を紹介しています。

宮本武蔵(一) (新潮文庫)宮本武蔵(一) (新潮文庫)
吉川 英治
新潮社 2013-01-28

by G-Tools

屍ひしめく関ヶ原で命からがら落ち延びた武蔵(たけぞう)と又八。お甲・朱実母娘の世話になり一年後、武蔵はひとり故郷に戻るが、その身を追われ……。憎しみに任せ、次から次へと敵を打ち殺す野獣武蔵に対峙する、沢庵。殺めるためではなく護るための剣とは? 一介の武弁が二天一流の開祖宮本武蔵(むさし)に至るまで志を磨く道、ここに始まる!
 まあまあ。最初は言葉づかいが古くてなじみづらかったけど、100ページほど読んで慣れたらあとは一気に読めた。大筋は『バガボンド』で知る通りの流れだけど、細かいところではあれこれ違いが。『バガボンド』では武蔵の姉なんて出てこなかったしなあ。ただ、登場人物の魅力も、剣術描写の迫力も、剣術を通した人生哲学も現時点ではまだそれほど引き込まれるものが無く、この序盤部分だけで比較するならやはり少年漫画を読んで育った身としては『バガボンド』の方が心動かされるものがあった。あくまでこの序盤部分だけなら、の話だけど。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4639-4fea2592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック