夜明けの街で

ここでは、「夜明けの街で」 に関する記事を紹介しています。

夜明けの街で (角川文庫)夜明けの街で (角川文庫)
東野 圭吾
角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-07-24

by G-Tools

不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。ところが僕はその台詞を自分に対して発しなければならなくなる――。建設会社に勤める渡部は、派遣社員の仲西秋葉と不倫の恋に墜ちた。2人の仲は急速に深まり、渡部は彼女が抱える複雑な事情を知ることになる。15年前、父親の愛人が殺される事件が起こり、秋葉はその容疑者とされているのだ。彼女は真犯人なのか? 渡部の心は揺れ動く。まもなく事件は時効を迎えようとしていた……。
 いまいち。不倫恋愛ものとしては主人公の男の方は不倫にハマるバカな男のテンプレ像でしかなくて魅力が感じられないし、不倫相手の女の方も過去の事情を抜きにしても露骨に面倒そうな女でやはりこちらも魅力が感じられず、何故こんな女に惹かれるのかわからなかった。ミステリとしてもたいした謎ではなく、主要登場人物が少ないこともあって事件の真相もある程度までは容易に想像がついてしまった。

(以下ネタバレ)











(ネタバレ開始)

 十五年前の死は自殺というのが真相だったわけだが、女の細腕で自分の心臓を刺して自殺というのは無理があるのでは(女に限らず男でも)。ましてよほど鋭いナイフとかでなく、ありふれてて出所がわからない包丁でなんて。何かの道具を使えば何とかなるかもしれないが、そんな痕跡があれば警察が見破るだろうしなあ。最後の実は妻は不倫に気づいていたんですというオチもありふれててつまらん。てっきり妻は妻の方で新谷と不倫してましたというオチかと予想していたのに。実は娘も新谷の子なんですとかだとなおえげつなくて良かったな。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4633-df4b3c3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック