我らが隣人の犯罪

ここでは、「我らが隣人の犯罪」 に関する記事を紹介しています。

我らが隣人の犯罪 (文春文庫)我らが隣人の犯罪 (文春文庫)
宮部 みゆき
文藝春秋 1993-01

by G-Tools

僕は三田村誠。中学一年。父と母そして妹の智子の四人家族だ。僕たちは念願のタウンハウスに引越したのだが、隣家の女性が室内で飼っているスピッツ・ミリーの鳴き声に終日悩まされることになった。僕と智子は、家によく遊びに来る毅彦おじさんと組み、ミリーを“誘拐”したのだが……。表題作以下五篇収録。
 微妙。つまらなくはないけどすっきりと文句なく楽しめたとも言いがたい作品だった。表題作「我らが隣人の犯罪」と「気分は自殺志願」は問題の解決方法としてわりと重大な犯罪を無雑作に実行するあたりに引いてしまった。明るい雰囲気は嫌いじゃないけどね。「この子誰の子」は見知らぬ女が家にあがりこんでくるというシチュエーションが気持ち悪かった。「サボテンの花」はいい話なんだけど、この話もアレって犯罪にあたるのではという気が。「祝・殺人」は二人の人物が話をしているだけで(より正確には一人が一方的に仮説を語るだけで)事件が解決してしまってもの足りない。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4584-7fffae7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック