烏に単は似合わない

ここでは、「烏に単は似合わない」 に関する記事を紹介しています。

烏に単は似合わない (文春文庫)烏に単は似合わない (文春文庫)
阿部 智里
文藝春秋 2014-06-10

by G-Tools

人間の代わりに「八咫烏」の一族が支配する世界「山内」で、世継ぎである若宮の后選びが始まった。朝廷で激しく権力を争う大貴族四家から遣わされた四人の后候補。春夏秋冬を司るかのようにそれぞれ魅力的な姫君たちが、思惑を秘め后の座を競う中、様々な事件が起こり……。史上最年少松本清張賞受賞作。
 面白かった。評判通り前半と後半の印象の落差がすごいわ。あまりの差にすぐには頭がついていかず多少混乱したぐらい。読んでいてコバルトの某リリカル・ミステリーを思い出した。これがデビュー作らしいけど、その情報がなければあの作者の変名かと思うところだわ。主要登場人物である四人の姫のキャラの立て方も非常にお見事。逆にファンタジーとしてはそれほど異世界を感じなかったけど、続編は同じ世界観で話を広げているらしいので、今後よりファンタジー度が高くなることを期待。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4577-e6fc0a0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック