Babel ―異世界禁呪と緑の少女―

ここでは、「Babel ―異世界禁呪と緑の少女―」 に関する記事を紹介しています。

Babel ―異世界禁呪と緑の少女― (電撃文庫)Babel ―異世界禁呪と緑の少女― (電撃文庫)
古宮九時 森沢晴行
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2016-08-10

by G-Tools

『小説とかドラマって不思議だと思わない? 異世界でも言葉が通じるなんて』
 ごく平凡な女子大生・水瀬雫は、砂漠に立ち尽くしていた。不思議な本を拾った彼女は気づけば“異世界”にいたのだ。
 唯一の幸運は「言葉が通じる」こと。
 魔法文字を研究する魔法士の青年・エリクに元の世界の言語を教える代わり、共に帰還の術を探す旅に出る雫。しかし大陸は二つの奇病――子供の言語障害と謎の長雨による疾患で混乱を極めていて……。
 自分に自信が持てない女子大生と、孤独な魔法士。出会うはずのない二人の旅の先、そこには異世界を変革する秘された“物語”が待ち受けていた。
 藤村由紀名義でWEB上に掲載以降、絶大な支持をされた大人気WEB小説が大幅加筆修正で、ついに書籍化!
 WEB版未読。まあまあ。少々地味な印象はぬぐえないけどWEB発というわりには一冊の中で大きな事件を取り扱ってちゃんとまとまっていて良かった。最後の終わり方がやや唐突な印象だったけど、WEB版を確認してみるとこのへんはもとからのようで。異世界転移ものというには異世界の文化面がそれほど深く掘り下げられてなくて、異世界に生きる人と主人公の価値観にさほど違いが感じられなかったのは残念。頼りになる美形が助けてくれるあたりはいかにもベタな少女小説的な感じ。無力で一般人な少女(?)が異世界でがんばる話としては『なりゆきまかせの異邦人』を思い出してなつかしかった(他にも同じような作品はあるのだろうけどね)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4559-1f6e8401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック