無法の弁護人 (2) 正しい警察との最低な戦い方

ここでは、「無法の弁護人 (2) 正しい警察との最低な戦い方」 に関する記事を紹介しています。

無法の弁護人 (2) 正しい警察との最低な戦い方 (Novel 0)無法の弁護人 (2) 正しい警察との最低な戦い方 (Novel 0)
師走 トオル toi8
KADOKAWA 2016-06-15

by G-Tools

殺人事件の裁判を逆転無罪に導き、一躍その名を高めた弁護士・本多。
だが、彼の下にやってくる依頼は、散々な内容ばかり。
そんな時、思わぬ人物からの依頼で弁護することになったのは、
警察に罪を自白し、犯行現場をとらえた防犯カメラの映像まで突き付けられた容疑者。
絶望的な状況を逆転するために、本多は一度は袂を分かつた
「悪魔の弁護人」の手を借りることになり――
絶賛の声多数の陰謀と策謀が織りなす究極の法廷劇、第2弾!

 今回サブタイトルに「戦い方」とついているだけあって、阿武隈が本多に自分ならどう弁護士として立ちまわるか問いかける場面が何度かあってOJT編みたいな雰囲気。実際今のところ阿武隈がメインであって本多はおまけみたいなものだけど、今後本多が成長してメインをはるようになっていくのかね。単に口八丁で引っかきまわすだけでなく、しっかりと後の展開に備えて伏線がはられ、それをきれいに回収しているあたり作者も『タクティカル・ジャッジメント』のころとくらべて成長したなあと感慨深い。『タクジャ』はひたすら引っかきまわすことに偏り過ぎている印象だったし。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4558-daa56e92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック