白夜行

ここでは、「白夜行」 に関する記事を紹介しています。

白夜行 (集英社文庫)白夜行 (集英社文庫)
東野 圭吾
集英社 2002-05-25

by G-Tools

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々と浮かぶが、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と「容疑者」の娘・西本雪穂――暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んでいく。二人の周囲に見え隠れする、いくつもの恐るべき犯罪。だが、証拠は何もない。そして19年……。息詰まる精緻な構成と叙事詩的スケールで描く傑作ミステリー長編!
 800ページ以上あって大変だったけど、読んでみてなるほどたしかに評価が高いだけはあると納得。各事件の裏に暗躍する二人の影があることはわりと早い段階からすぐにわかることで、だとしたら最後はどうオチをつけてくるのかと思ったけど

(以下ネタバレ)











(ネタバレ開始)

稀代の悪女、悪人かと思われた雪穂と亮司もある種の被害者であり、そんな二人が互いのみを支えとして生きてきたことを思うとどこか切なく感じさせてしまう終盤の展開がお見事。P826の雪穂の「あたしの上には太陽なんかなかった。~」やP436の亮司の「昼間に歩きたい」という台詞は非常に印象的。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4522-030c3afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック