小説の神様

ここでは、「小説の神様」 に関する記事を紹介しています。

小説の神様 (講談社タイガ)小説の神様 (講談社タイガ)
相沢 沙呼
講談社 2016-06-21

by G-Tools

 僕は小説の主人公になり得ない人間だ。学生で作家デビューしたものの、発表した作品は酷評され売り上げも振るわない……。物語を紡ぐ意味を見失った僕の前に現れた、同い年の人気作家・小余綾詩凪。二人で小説を合作するうち、僕は彼女の秘密に気がつく。彼女の言う“小説の神様”とは? そして合作の行方は? 書くことでしか進めない、不器用な僕たちの先の見えない青春!
 いまいち。正直あまり好みに合わなかった。長々と自虐的な主人公の内面を描写してきたわりには終盤になって急に前向きになり過ぎな気が。そんな前向きになれるような材料ってあったっけ? 自分の感受性がにぶいから見落としているだけかもしれないけど。

 あとこの主人公は傷ついた人間の気持ちをすくいあげるような優しい小説を書きたいようだけど、世の中には人間の悪意や破壊衝動や特殊性癖や単純な娯楽や笑いを描いた小説の需要だってあるわけで。何というかいいことを言っているだけど、ものの見方が狭いように感じてしまうあたり、自分には向いていない作品だったのだろうなと感じた。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4511-2ef340a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック