スピリットサークル 6

ここでは、「スピリットサークル 6」 に関する記事を紹介しています。

スピリットサークル 6巻 (ヤングキングコミックス)スピリットサークル 6巻 (ヤングキングコミックス)
水上 悟志
少年画報社 2016-06-10

by G-Tools
 完結。こうして読んでみるとこの作品って『惑星のさみだれ』のアニムスの物語みたいな見方もできるんだな。同じ善悪を気にしない超天才が我欲のために世界を破壊しようとする展開だし。もっともあとがきによるとこの作品の着想の起点はそこではなかったみたいだが。

(以下ネタバレ)











(ネタバレ開始)

 カバー外した本体のあとがきによると最終回は賛否両論だったそうだけど、どのへんに否の意見が出たのだろう。個人的にはおおむね満足だったけど、過去生を忘れちゃったというのはちょっと寂しかったかな。生まれ変わったんだからいつまでも過去に縛られてないで今を生きることを大事にというのはわかるけど、それでも過去のことだって今へとつながる大事な一部なんだから忘れないでも良かったと思うのだけど。

 それと鉱子が転校して去っていくのもちょっとなあ。あのままだと鉱子エンドまっしぐらなのでノノの可能性を残したかったというのと、鉱子との関係は過去生を起点に始まったものだから一度別れてリセットしてもう一度やり直しましょうということなのかもしれないけど、それでも普通にあのまま鉱子ルートを進む未来を見てみたかった。

 まあそんなちょっとした不満はあったものの最初に述べた通り概ね満足な内容だった。一巻を読んだときの、たった一冊のストーリーの中に見事に人生が描かれていることへの驚きは今でも思い出せる。いい作品だった。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4483-a1d2a6fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック