わたしたちが少女と呼ばれていた頃

ここでは、「わたしたちが少女と呼ばれていた頃」 に関する記事を紹介しています。

わたしたちが少女と呼ばれていた頃 (祥伝社文庫)わたしたちが少女と呼ばれていた頃 (祥伝社文庫)
石持 浅海
祥伝社 2016-03-11

by G-Tools

横浜にある女子高に通うわたし、上杉小春には碓氷優佳という自慢の親友がいる。美しく聡明な彼女はいつも、日常の謎に隠された真実を見出し、そっと教えてくれた。赤信号のジンクス、危険な初恋、委員長の飲酒癖、跡継ぎ娘の禁じられた夢、受験直前の怪我、密かな失恋……。教室では少女たちの秘密が生まれては消えてゆく。名探偵誕生の瞬間を描く青春ミステリーの傑作。
 あまりこれといった特徴のない普通の日常ミステリといった感じで微妙。他の可能性の検討をせず物理的証拠を用意もせずただ探偵の口から真実が語られるだけなのでロジックがいまいちあやふやな印象だし、青春描写が特に優れているわけでもない。ただ、最後に収録されている話の推理によって導き出される真相はぞっとするものがあってなかなか良かった。それにしたってシリーズ一作目ですでに語られていることなのだけどさ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4480-eadeb0e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック