怪盗ルパン伝 アバンチュリエ 奇巌城

ここでは、「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ 奇巌城」 に関する記事を紹介しています。

怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(3) 奇巌城・上 (ヒーローズコミックス)怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(3) 奇巌城・上 (ヒーローズコミックス)
森田 崇 モーリス・ルブラン
小学館クリエイティブ 2014-08-05

by G-Tools
 まさに第一幕終了といった感じの衝撃的な一区切りだった。だからこそこの続きが楽しみ。この巻の最後に出てきたあの人物はやはりルパン? ひげが生えていたのが気になる。巻末の少年探偵・少年ヒーロー物の系譜についての作者の文章も面白かった。

怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(4)奇巌城・中 (ヒーローズコミックス)怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(4)奇巌城・中 (ヒーローズコミックス)
森田 崇 モーリス・ルブラン
小学館クリエイティブ 2015-05-02

by G-Tools
 さすがに上巻よりもルパンの出番は多くなったものの、やはり主人公はボートルレ少年といった感じ。ショームズ先生はちょろっと出番があったものの悲惨な扱い。いいのか、こんな扱いで。巻末のフランスの歴史話も面白かった。こんな流れだったのか。

怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(5) 奇巌城・下 (ヒーローズコミックス)怪盗ルパン伝 アバンチュリエ(5) 奇巌城・下 (ヒーローズコミックス)
森田 崇 モーリス・ルブラン
小学館クリエイティブ 2016-05-02

by G-Tools
 魅力的な少年探偵という新主人公(的立ち位置の登場人物)、壮大な歴史の流れまで汲んだ数々の謎、冒険の果てのこの劇的な結末……なるほど、そりゃシリーズ中最も愛されるわけだわと深く納得。なんとも哀れだなあ……と思わないでもないが、そりゃこんな生き方してたらこうなるよねというか。この人間臭さと因果応報具合が非常に良かった。巻末の文章によると「ルパンの青春の終わり」とも称されるそうでそれも納得。と同時にこの後どんなふうに生きたかすごく気になるのだけど、どうやらこの後の『813』もちゃんと漫画化されるようで楽しみ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4442-253c39f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック