異世界薬局 (1)

ここでは、「異世界薬局 (1)」 に関する記事を紹介しています。

異世界薬局 (1) (MFブックス)異世界薬局 (1) (MFブックス)
高山 理図 keepout
KADOKAWA/メディアファクトリー 2016-01-25

by G-Tools

研究に没頭するあまり、志半ばで過労死した若き薬学者。
目を覚ますと、彼は王侯貴族を専門に診察する宮廷薬師の名家ド・メディシス家の息子、ファルマとして転生していた。しかし、間違った治療法や薬の調合、医療行為と呼べない呪術やまじないが横行するこの世界の医療にファルマは絶望する。
「何とかしないとな、この世界の人々のためにも――」
前世で培った現代薬学に加え、異世界で手に入れたチート能力「物質創造&物質消去」。
それらを駆使しファルマは母の腰痛から女帝の死病まであらゆる疾病に立ち向かう。
そして、真に効果のある薬を広く人々に届けるべく召使いの少女ロッテ、家庭教師を務める美女エレンたちと「異世界薬局」を開業。そこでファルマが掲げた目標とは――。
 いまいち。異世界では異質なはずの主人公の考え方や知識が多少恐れられる描写はあってもすぐに受け入れられ、とんとん拍子に上手くいくのでストーリー展開に深みがない感じ。それに主人公のチート能力がいかにも「現代日本の薬学知識をいかして人を助ける」という状況を作り出すためのもので、マッチポンプ的というかご都合主義臭い印象が強い。もうちょっと主人公の創意工夫で困難を乗り越えさせたほうが良かったのでは。各キャラも掘り下げが足りなくて薄っぺらく魅力が感じられなかった。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4316-4674ea78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック