「地下鉄に乗るっ」シリーズ 京・ガールズデイズ1 ~太秦萌の九十九戯曲~

ここでは、「「地下鉄に乗るっ」シリーズ 京・ガールズデイズ1 ~太秦萌の九十九戯曲~」 に関する記事を紹介しています。

「地下鉄に乗るっ」シリーズ 京・ガールズデイズ1 ~太秦萌の九十九戯曲~ (講談社ラノベ文庫)「地下鉄に乗るっ」シリーズ 京・ガールズデイズ1 ~太秦萌の九十九戯曲~ (講談社ラノベ文庫)
幹 賀茂川
講談社 2015-09-02

by G-Tools

連休直前に送られてきた『京都・パワースポット巡り』の案内。写真撮影が好きな太秦萌は幼馴染みの松賀咲と小野ミサと、このイベントで思い出作りをしようと考えた。パワースポットを巡りきると願い事が叶うというのにも心惹かれていたが、今まで三人で市内観光をしたことがなかったのだ。張り切る萌の前に、イベントの案内役だという自称“精霊”の都くんが現れた。萌たちは都くんに色々な意味合いで妖しい巫女の元へと連れて行かれる。巫女はイベントの本当の目的を語り始めた。これはいくつかの試練を乗り越えなければならない神聖な祭なのだと。果たしてどんな苦難が待ち受けているのか……!? 元気ハツラツ★ガールズストーリー!!
 いまいち。あまり面白くなかった。キャラが魅力不足。キャラの会話が面白くない。書き分けが弱いというか、設定の上ではそれぞれ違った個性になっているはずなのに会話の部分を読んでいるとだれがだれかわからなくなることがよくあった。京都観光ものとしても地下鉄を駆使して京都のあちこちをまわって名所を紹介するような内容なのかと思ったらそれほど移動することなく観光地案内もたいしたことなくて「京都っていいな、行ってみたいな」と感じさせるものではなかった。残念。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4299-209719a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック