サクラ×サク 01 我が愛しき運命の鏖殺公女

ここでは、「サクラ×サク 01 我が愛しき運命の鏖殺公女」 に関する記事を紹介しています。

サクラ×サク 01 我が愛しき運命の鏖殺公女 (ダッシュエックス文庫)サクラ×サク 01 我が愛しき運命の鏖殺公女 (ダッシュエックス文庫)
十文字 青 吟
集英社 2015-01-23

by G-Tools

ハイジ・バランは友だちが欲しかった。残念無念、願いは叶わず学校を卒業して祖国デスティニア公国の軍人に。しかも赴任先は強大な“帝国”の侵攻を食い止める公国の盾、国境近く最前線のイエルヴァラ城市で、駐留する第八公軍の司令は虚弱体質で今にも死にそうだし、いきなり太守に侍官として仕えることになってしまうし、その太守は美貌の公女なのに部屋は汚いわ、ちゃんと服を着てくれないわ、公女の侍女はどういうわけか少女とむっちり娘だわ……果たしてこんな有様で公国の平和は守られるのか。ハイジと公国の運命や如何に。血と汗と涙が溢れて躍る大戦詩幻想交響曲、ここに開幕!!

この限り無く愛なき世界に咲く花は――サクラ×サク。
 主人公が対人能力を除けば技能・経歴的には優秀な部類で、同じ作者の『グリムガル』などとくらべるとちょっと違った味わいがあるが、全体的にはさほどめずらしくもないファンタジー世界異能バトルものシリーズの一巻目といった印象で普通。悪くはないけどそれほど強く引き込まれるものも感じない内容だった。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4296-63b12a8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック