天は赤い河のほとり 1

ここでは、「天は赤い河のほとり 1」 に関する記事を紹介しています。

天は赤い河のほとり〔文庫〕 1 (小学館文庫 (しA-31))天は赤い河のほとり〔文庫〕 1 (小学館文庫 (しA-31))
篠原 千絵
小学館 2006-10-14

by G-Tools
 大ざっぱなあらすじは知っていて部分的につまみ読みをしたことはあるけど、頭から通してちゃんと読んだことはなかったので手を出してみた。こうして読んでみると初期のころは内部の権力争いで外国との戦争はほとんどないのね。しかも魔法的な力が目立っているのにもびっくり。まあ儀式とか面倒な条件があるみたいなので、後半の戦争で活用しないんですかというツッコミの心配はいらないだろうけど。ところでユーリさん、古代ヒッタイトに連れてこられて命の危険ばかり問題にしているようだけど、食事や衛生面の問題は大丈夫なんだろうか。下着の替えとかどうしてるんだ。

 調べてみるとこれ1995年3号から連載開始だそうで、1992年から始まっていた『ふしぎ遊戯』よりも後の作品なんだな。びっくりだわ。もっと古い作品かと思ってた。『十二国記』のシリーズ第一作『月の影 影の海』が出たのが1992年ということで、当時はひそかな異世界トリップブームだったんだろうか。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/4125-fff5919e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック