エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~

ここでは、「エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~」 に関する記事を紹介しています。

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (MF文庫J)エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (MF文庫J)
東 龍乃助 汐山 このむ
KADOKAWA/メディアファクトリー 2015-01-22

by G-Tools

これは嘘を真実に、空想を現実に変える、いや変えていった人間達の魂の物語である。
西暦2070年。人類が謎の生命体マリスから襲撃を受けて半世紀以上の時が流れた。
「闘うの……ヤなの。痛いのイヤ……もう全部……ヤなのイヤ……助けて、誰か……」
だがマリスに唯一対抗できる巨大兵器 <黒き魔女> デストブルムのパイロット・セレンは絶望的な戦いに精神を疲弊しきっていた。そんなある日戦場に奇跡が舞い降りる。
国籍不明の謎の戦闘機が出現、この世界に存在し得ない超兵器で、マリスを一掃する。
盛り上がる人類。だが、戦闘機から出てきたのはこの世界での大人気アニメ「ドール・ワルツ・レクイエム」のパイロット、エイルン・バザットそっくりの少年で――。
 微妙。序盤は大ざっぱな流れとしてはつかめるけど細かい事情がよくわからなくて話に入っていきづらいし、終盤前まではヘビーな雰囲気で気分が悪くなるような要素が多くて気持ちよく楽しめなかった。反面、終盤は主人公はもとより周りの人物にも見せ場があったりときっちり盛り上げてくるのがお見事だったし、独特なロボットデザインもハッタリがきいてて面白かった。漫画形式のイラスト演出はとても迫力があって良かったのだけど、これなら最初から漫画として発表すれば良かったのではという気も。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3931-71d02c63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック