妹さえいればいい。

ここでは、「妹さえいればいい。」 に関する記事を紹介しています。

妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)
平坂 読
小学館 2015-03-18

by G-Tools

妹バカの小説家・羽島伊月の周囲には、いつも個性的な連中が集まっている。愛も才能もヘビー級、残念系美少女のハイエンド・可児那由多。恋に悩み友情に悩み夢に悩む青春三冠王・白川京。鬼畜税金セーバー・大野アシュリー。天才イラストレーター・ぷりけつ――。それぞれ迷いや悩みを抱えながらもゲームをやったり旅行に行ったり仕事をしたり賑やかな毎日を繰り広げる伊月たち。そんな彼らを温かく見守る完璧超人の弟・千尋には、大きな秘密があって――。『僕は友達が少ない』の平坂読が放つ青春ラブコメの到達点、堂々開幕!!
 面白かった。『はがない』と同じ面白おかしい連作短編集日常ものに最近はやりのライトノベル作家ものの要素を加えた感じの作品ですな。『ラノベ部』ほどテーマ厳守ではないけど『はがない』ほどなんでもありでもない、中間みたいな印象。

 あと登場人物の平均年齢が上がって20歳以上の人物が増えたせいか飲酒シーンがけっこう多かった気が。いろいろなビールが出てきて美味しそうだった。普段とくにビールなんて好きこのんで飲まないのに、これ読んでいろいろ飲んでみたくなった。今のところこれといった事件もない日常ものだけど、最後の終わり方からしてこれもシリーズ後半で大きく話を動かしてきそうね。続きにも期待。

 というか、これを機に以前と同じぐらいのペースで新刊を出すように復活してほしいなあ。それとこういう連作短編集形式の日常ものも好きだし、商業的にもこういう作風が求められているのはわかるけど、そろそろまた長編形式の作品も書いてみてほしい。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3909-97bc5624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック