ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (7)

ここでは、「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (7)」 に関する記事を紹介しています。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (7) (電撃文庫)ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (7) (電撃文庫)
宇野朴人 竜徹
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2015-03-10

by G-Tools
 今までのマシュー当番巻やトルウェイ当番巻に続いて、ついにやってきたヤトリ当番巻…………なんだけど、これは…………

(以下ネタバレ)











(ネタバレ開始)

 あらすじや表紙や巻頭の折りたたみカラー口絵イラストからしてヤバそうな気配ぷんぷんで、本編もついにイクタとヤトリの出会いが語られるにいたって恐ろしい予感はとどまることを知らなかったけど、やはりこうなってしまうのか……。そりゃ今までの巻だってあまりにヤトリが優遇されまくっているから、これはひょっとしてヤバいんじゃね? と思ったこともあったけど、まさかここでヤトリ退場とは。

 語られるイクタとの回想の日々があまりにまぶしかっただけに、持ち上げて落とすベタな死亡フラグの演出とわかっていてもきつい。まさしく彼女はイクタの「半身」だったんだなというのがよくわかる。最強の戦力であり、最高のパートナーであり、主人公の行動の「核」といってもいい存在だったのに、ここからの展開どうするんだ。そのためのシャミーユなんだろうけど、最後のアレをもってしてもまだ足りないように思えるのだけど。そのへんは次巻からの新展開に期待ということで。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3900-3e04c44e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック