血路―南稜七ツ家秘録

ここでは、「血路―南稜七ツ家秘録」 に関する記事を紹介しています。

血路―南稜七ツ家秘録 (時代小説文庫)血路―南稜七ツ家秘録 (時代小説文庫)
長谷川 卓
角川春樹事務所 2005-04

by G-Tools

甲斐から諏訪に行くためには、龍神岳城を通らねばならない――。武田晴信―後の武田信玄―は、芦田満輝の龍神岳城を武田の陣営にするための策略を練っていた。武田の暗殺集団〈かまきり〉と、山の者の集団〈七ツ家〉の壮絶なる死闘を描く、ノンストップ時代アクションの最高傑作。選考委員の森村誠一氏、北方謙三氏、高見浩氏、福田和也氏に絶賛された第二回角川春樹小説賞受賞作、ここに登場!
 時代小説らしい文章や登場人物の言葉づかいが慣れなくて読みづらさを感じたけど、そのへんに慣れることができた中盤以降は勢いに乗って読むことができ、まあまあ楽しめた。しかし寅王を落ち延びさせるのと喜久丸の成長の二つのストーリーがあるため、途中までどちらが主題なのかわからず戸惑った。このへん好みの問題かもしれないけど、どちらかの一方のストーリーにしぼった方がまとまりが良かった気が。またクライマックスの対決も意外とあっけなく勝負が決まったり、最後の決着もそれでいいのかとすっきりしないものだったのが少々残念。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3858-59901811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック