三国志 (1の巻) 天狼の星

ここでは、「三国志 (1の巻) 天狼の星」 に関する記事を紹介しています。

三国志 (1の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)三国志 (1の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)
北方 謙三
角川春樹事務所 2001-06

by G-Tools

時は、後漢末の中国。政が乱れ賊の蔓延る世に、信義を貫く者があった。姓は劉、名は備、字は玄徳。その男と出会い、共に覇道を歩む決意をする関羽と張飛。黄巾賊が全土で蜂起するなか、劉備らはその闘いへ身を投じて行く。官軍として、黄巾軍討伐にあたる曹操。義勇兵に身を置き野望を馳せる孫堅。覇業を志す者たちが起ち、出会い、乱世に風を興す。激しくも哀切な興亡ドラマを雄渾華麗に謳いあげる、北方〈三国志〉第一巻。
 やはり吉川版とは書き方が違うなあ。大小さまざまなエピソードを拾っている吉川版はそのため視点があっちこっちに移り変わって多少ややこしいところもあったのに対し、こちらは、劉備、曹操、孫堅、呂布といった話の流れの中心となる人物の視点から描いていてすっきりとわかりやすい。反面、ばっさりと省略されているエピソードなどもあったりして、黄巾の乱のエピソードなどもいつの間にやらあっさり終わっていて驚いた。しかしそういった違いはわかったけど、北方版ならではの強い魅力というのはまだそれほど見当たらなかった。そのへんは次巻以降ということかね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3856-44fb2c18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック