Fate/strange Fake (1)

ここでは、「Fate/strange Fake (1)」 に関する記事を紹介しています。

Fate/strange Fake (1) (電撃文庫)Fate/strange Fake (1) (電撃文庫)
成田良悟 森井しづき
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2015-01-10

by G-Tools

 あらゆる願いを叶える願望機「聖杯」を求め、魔術師たちが英霊を召喚して競い合う争奪戦――聖杯戦争。
 日本の地で行われた第五次聖杯戦争の終結から数年、米国西部スノーフィールドにおいて次なる戦いが顕現する。
 ――それは偽りだらけの聖杯戦争。
 偽りの台座に集まった魔術師と英霊達。
 これが偽りの聖杯戦争であると知りながら――彼らはそれでも、台座の上で踊り続ける。
 真偽などは彼岸の彼方。
 聖杯ではなく――他でもない、彼ら自身の信念を通すために。
 そしてその時、器に満ちるのは偽りか、真実か、それとも――。
 TYPE-MOONの大人気ビジュアルノベル『Fate』、成田良悟が描く新章始動!!
 余章、一章、プロローグ7以外は以前に雑誌の付録の冊子で読んだのとほぼ同じ内容だったのと、先に漫画版で読んでいたこともあって少々退屈だった。まあ漫画版が思った以上に原作に忠実に漫画化されているのは確認できたが、そんなふうに続けて読んだせいで少しワクワク感が削がれてしまった感じ。小説と漫画同時発売という試みは面白いと思うけど良し悪しやね。

 またそのへんの理由を差し引いてもどうも文章が読みづらく感じられた。この作者の作品を読むのは久しぶりだけど前からこんなふうだったっけ。群像劇ものがお得意の作者なのは知っているけど、濃い登場人物が一気に多数登場して読んでいて疲れた疲れたのかな。とりあえず今回で顔見せと基礎配置はだいたい済んだだろうし、次巻からは完全に未知のストーリーとして動き始めるはずなので全力で楽しもう。

 あと巻頭の折込登場人物紹介イラストはある意味ネタバレなので以前の冊子版や漫画版を読んでなくてまったく予備知識がないという人は最初は見ないことを推奨。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3813-84236868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック