ジャガーになった男

ここでは、「ジャガーになった男」 に関する記事を紹介しています。

ジャガーになった男 (集英社文庫)ジャガーになった男 (集英社文庫)
佐藤 賢一
集英社 1997-11

by G-Tools

伊達藩士・斉藤小兵太寅吉は恋人を捨て、冒険を求めて、支倉常長遣欧使節に加わった。着いたイスパニアはすでに全盛期の栄光を失っていたが、一人のイタルゴ(戦士)と意気投合し、共に戦場に赴くために、帰国する使節団と訣別する決心をする。壮大なスケール、波瀾万丈の歴史ロマン。第6回小説すばる新人賞受賞作に大幅加筆、600枚の長編となったロング・バージョン!
 優れた剣の腕を持つ男が日本を飛び出して海外へ――などという設定を扱いながらストーリーは夢破れた男の後悔と、なおもそこからさらに挫折を重ねる姿を描くというなんともにがい味わいの作品だった。しかしそんな話ながら、最終的には主人公本人は満足していてさわやかに読み終えることができたのが印象的。もっともこいつに振り回された周りの人間、特に女性たちにしてみればろくでもない話だなあという気もするが。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3790-4918aadd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック