紅楼夢の殺人

ここでは、「紅楼夢の殺人」 に関する記事を紹介しています。

4167738015紅楼夢の殺人 (文春文庫)
芦辺 拓
文藝春秋 2007-08

by G-Tools

ところは中国、栄華を極めた大貴族の邸内に築かれた人工庭園「大観園」。類稀なる貴公子と美しき少女たちが遊ぶ理想郷で、奇々怪々な連続殺人が勃発します。衆人環視の中で消え失せる犯人。空を飛ぶ被害者……。中国最大の奇書『紅楼夢』を舞台にした絢爛たる犯罪絵巻は、中国古典ファンも必読の傑作ミステリー。
 読み始めたときはやたらと多くの登場人物の名前が出てきてどうなることかと思ったが、それほど戸惑うことなく意外と読みやすくて良かった。しかし中盤あたりはなかなか捜査が進展しないまま次の殺人が起こるというパターンの繰り返しで多少中だるみを感じた。最後の謎解きもひと捻りはしてあるもののかなり強引で、「あっと驚く真相」というより「なんだ、そんなオチか」という印象。物語としてのエピローグもすっきりしない終わり方で、読んでいる間は読みごたえがあってなかなか楽しめたのだけど、読み終わってからふりかえってみるとどうも微妙な読後感の作品だった(原作を読んだことがないからそんなふうに感じてしまうのかもしれないが)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3789-564fcdfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック