静おばあちゃんにおまかせ

ここでは、「静おばあちゃんにおまかせ」 に関する記事を紹介しています。

静おばあちゃんにおまかせ (文春文庫)静おばあちゃんにおまかせ (文春文庫)
中山 七里
文藝春秋 2014-11-07

by G-Tools

警視庁一課の刑事、葛城公彦は平凡な青年。天才的な閃きにも鋭い洞察にも無縁だが、ガールフレンドの高遠寺円に助けられ今日も難事件に立ち向かう。法律家を志望する円のブレーンは元裁判官の静おばあちゃん。最後まで予断を許さないストーリー展開で一気に読ませる痛快アームチェア・ディテクティブ連作。
 微妙。地味だったり説教臭かったりだといったマイナス点がありつつも堅調で基本に忠実なミステリとして組み立てられていたのに、最後のどんでん返しで一気に世界観崩壊してしまった気が。いやまあ、最初からそうしようと狙ってやったのならそれはそれでありなのかもしれないけど、なんというか物語を締めくくるのにインパクトがほしかったからアレを入れて、結果蛇足になってしまったような印象なんだよな。最後まで驚きをという姿勢は好印象だけど、もうちょっと別の工夫がほしかった。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3782-21f9c4ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック