ニンジャスレイヤー マグロ・アンド・ドラゴン

ここでは、「ニンジャスレイヤー マグロ・アンド・ドラゴン」 に関する記事を紹介しています。

ニンジャスレイヤー マグロ・アンド・ドラゴン ( )ニンジャスレイヤー マグロ・アンド・ドラゴン ( )
ブラッドレー・ボンド フィリップ・N・モーゼズ 本兌 有
KADOKAWA/エンターブレイン 2014-07-09

by G-Tools
 因縁の相手と決着をつけたり、仲間や力を手に入れて新しい目的を見つける話があったりと、いよいよ第二部クライマックス間近な雰囲気なんだけど、今回はどうも微妙。「リターン・ザ・ギフト」はジェノサイドの、「オペレイション・レスキュー」はフォレストの物語であってクライマックス前のエピソードにしては寄り道的な印象だし(単体で見れば悪くないのだけどね)、「ドゥームズデイ・ディヴァイス」はニンジャスレイヤーの戦い方が神器に頼りすぎに思えて気になった。

(以下ネタバレ)











(ネタバレ開始)

 とはいえ、ランペイジもニンジャスレイヤーもメンポが壊れて素顔のフジキドとゼンダとして向き合うという演出や、その後、ランペイジが最後に言葉をかけたのはデスドレインだったというのは、道徳的には決してほめられた相手ではないけど、それでもランペイジにより大きな影響を与えたのはフジキドではなくデスドレインだったのだなと感じられて、味のあるいい結末だった。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3694-6383dcd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック