ウは宇宙ヤバイのウ! ~セカイが滅ぶ5秒前~

ここでは、「ウは宇宙ヤバイのウ! ~セカイが滅ぶ5秒前~」 に関する記事を紹介しています。

ウは宇宙ヤバイのウ! ~セカイが滅ぶ5秒前~ (一迅社文庫)ウは宇宙ヤバイのウ! ~セカイが滅ぶ5秒前~ (一迅社文庫)
宮澤 伊織
一迅社 2013-12-20

by G-Tools

巨大隕石が降り注いで5秒……地球は滅亡した!
――と、次の瞬間、高校生の久遠空也はベッドの上で目覚めた。今のは夢!? だけどやけに生々しい……。
ベッドの隣には冷めた目のヌル香。
「なにやってるんです? しっかりしてください」
彼女はため息混じりに説明する。空也はかつて星間諜報局の敏腕エージェントだったが、世界線混淆機なるものを起動させたことで記憶を失い、地球人の高校生になったというのだ。
「緊急措置としてついでに時間も遡りました。隕石が再び落ちてくる二日後までにこの状況をなんとかしてください」
「……ってどうしろと!?」
 いまいち。カオスな展開になるのはあらすじや既出の感想からわかっていたけど、そのカオスっぷりが思ったよりも楽しめなかった。どうもいろいろなネタが詰め込まれているようだけど、そのへんが全然わからなかったからかな。しいて良かった点をあげるならヌル香のツンデレっぷりがちょうどいいさじ加減で、昨今のツンデレキャラみたいに露骨にデレが見えるのではなく、基本的には毒舌キャラなんだけどたまにデレがのぞくというなかなかの良ツンデレキャラだったことか。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3632-a1cd6450
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック