神武不殺の剣戟士2 アイノススメ

ここでは、「神武不殺の剣戟士2 アイノススメ」 に関する記事を紹介しています。

神武不殺の剣戟士2 アイノススメ (ファミ通文庫)神武不殺の剣戟士2 アイノススメ (ファミ通文庫)
高瀬ききゆ 有坂あこ
KADOKAWA/エンターブレイン 2014-08-30

by G-Tools

赤マント事件の罰で帝剣は謹慎した。被害者の星村千歳も戻り、平穏になると思ったその時、清水龍人が、初めての敗北を喫する! 相手は千歳と犬猿の仲の浅木春芽。龍人は春芽の従僕にされ、千歳の眼前で掠われてしまう! そして、帝都の路地裏を荒らす『九頭龍教団』撃滅の手伝いを嫌々させられるのだが、その教団が、不殺による錬武と並び求める最強への術、延年益寿と関わりあると知り――。蒸気煙る帝都で学徒剣士が刃交える剣戟浪漫アクション第2弾!!
 前巻よりギャグ描写が増えた印象。最後の戦いがアレだし、意外な黒幕っぽい人物も明かされるけどそれもあんなだし。まあそれはそれで面白かったけど。

 あとどうも今回はなんだか地に足がつかな印象のまま話が進んでしまった印象。なんとなく事件に関わってなんとなく最終決戦におもむくことになってなんとなく決着をつけたような感じというか。作中ではちゃんと行動の理由は語られているはずなのになんでそんな印象なのかな~と疑問だったのだけど、考えてみると今回の戦う理由は主に春芽のもので、龍人や千歳といった前巻の主要登場人物にはあまり関わりのないものだからなのだなと納得。つまり今回は前巻では賑やかし役程度だった春芽のための巻だったというわけか。実際、わき役その一程度の扱いだったのがサブヒロイン格に昇格しているし。しかしせっかくそんな展開だったのにこのシリーズはここまでとは。残念。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3610-e57746b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック