甘城ブリリアントパーク (4)

ここでは、「甘城ブリリアントパーク (4)」 に関する記事を紹介しています。

甘城ブリリアントパーク (4) (富士見ファンタジア文庫)甘城ブリリアントパーク (4) (富士見ファンタジア文庫)
賀東 招二 なかじま ゆか
KADOKAWA/富士見書房 2014-06-20

by G-Tools

 東京西部の遊園地「甘城ブリリアントパーク」で、高校生にもかかわらず支配人代行をしている可児江西也は悩んでいた。以前よりも集客は伸びてきたが、目標としている人数には全く足りない。ダメダメ遊園地を建て直すには、ゲストが喜ぶアトラクションの改装が今すぐ必要なのだっ! 『お菓子ハウス』はメルヘンテイストからアクションに! 『フラワー・アドベンチャー』はお花畑から血まみれに、……って、血まみれ!? なんでホラーになってるの!! 待てよ、流血沙汰といえば、まさか面接の時に大量出血していた、あの女が原因か――!?
 遊園地を救うだけじゃなく、こんな難題あんまりだぁぁぁ!!
 バイトの一人、伴藤美衣乃をメインにした中編一本、他短編三本収録という前巻と同じような構成。ただ今回は肝心の伴藤美衣乃をメインにした中編がいまいち。三巻の椎菜の中編は面白かったのに今回はこんなのとは。べつにドタバタ劇が悪いってわけじゃないけど、設定や話の流れが適当だったりギャグが強引で切れがにぶい印象だったりで残念。今回収録されている中では「ファミリー・アフェア」が比較的良かった。

(以下ネタバレ)











(ネタバレ開始)

 パークの行く末を預かる西也の責任は重く、だけどそれが家族問題においては多少なりとも救いになるあたりや、その救いもお涙ちょうだい的な関係修復ではなくどうでもよくなったという考えようによってはヒドイ話なんだけど、そんなだからこそカラッと向き合えるようになったというあたりが。あとこの作品では放置されがちなラブコメ要素であるいすずフラグの進展になっているのもグッジョブ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3554-f447f785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック