灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ

ここでは、「灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ」 に関する記事を紹介しています。

灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)
十文字 青 白井 鋭利
オーバーラップ 2013-06-22

by G-Tools

おれたち、なんでこんなことやってるんだ……?
ハルヒロは気がつくと暗闇の中にいた。何故こんなところにいるのか、ここがどこなのか、わからないまま。周囲には同じように名前くらいしか覚えていない男女、そして地下から出た先に待ち受けていた「まるでゲームのような」世界。生きるため、ハルヒロは同じ境遇の仲間たちとパーティを組み、スキルを習い、義勇兵見習いとしてこの世界「グリムガル」への一歩を踏み出していく。
その先に、何が待つのかも知らないまま……これは、灰の中から生まれる冒険譚。
 すごくベタで王道な「パーティ戦闘の初歩もの」といった感じ。「仲間がどういった意図でどういう行動をとろうとしているのか知りましょう」とか「魔法職の魔力残量の把握は大事」とか、おもいっきり『ログホラ』3巻の内容とかぶっているし。やはりどちらも根っこにMMORPGがあるから発想が似るのかね。かなりやばそうな状況なのに危機感が足りない様子の登場人物に最初はあまり魅力が感じられなかったけど、最終的には印象が持ち直してまあまあ楽しめた。続きも読んでみるつもり。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3472-b505f5ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック