理想のヒモ生活 1

ここでは、「理想のヒモ生活 1」 に関する記事を紹介しています。

理想のヒモ生活 1 (ヒーロー文庫)理想のヒモ生活 1 (ヒーロー文庫)
渡辺 恒彦 文倉 十
主婦の友社 2012-09-28

by G-Tools

山井善治郎は、現代日本を生きる若きサラリーマン。 ある日の朝。善治郎は突然、恐竜が闊歩する亜熱帯の異世界――カープァ王国に召喚されてしまう。召喚したのは、カープァ王国女王、アウラ一世。善治郎を召喚した女王アウラは、善治郎に「自分と結婚して、こちらの世界で暮らして欲しい」と申し出る。理由は、善治郎が『百五十年前、異世界に愛の逃避行を計ったカープァ王族の末裔』だから。国内の貴族にも、王家の血を引く婚約者候補はいるのだが、彼等を婿に迎えれば、『男尊女卑』の毛色が強いカープァ王国では、女王と王配の間で権力闘争が起きる可能性が高い。 そのため、善治郎に求められることは「できるだけ、何もやらないこと」……!?
 WEB版未読。微妙。異世界にトリップして願望充足ものだけど、すごい魔法の才能があって俺TUEEEとか文明レベルの違いによる知識の差をいかして俺SUGEEEなどではなく、爆乳女王のヒモになってのんびりという作品。のんびりといいつつ、今後何らかの動きに巻き込まれそうな気配はあるのだけど、この一巻の段階ではそれっぽい伏線がちらほら見えるだけでたいした山場もなく終わってしまってもの足りなかった。今後どういう方向で楽しめばいいのか、一冊読み終わっても見えてこないのはいかがなものかと。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3333-467b90da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック