月花の歌姫と魔技の王

ここでは、「月花の歌姫と魔技の王」 に関する記事を紹介しています。

月花の歌姫と魔技の王 (HJ文庫)月花の歌姫と魔技の王 (HJ文庫)
翅田大介 大場陽炎
ホビージャパン 2012-05-31

by G-Tools

「最後の魔女」が起こした技術革命は「魔法」の世界に「科学」という新たな秩序をもたらした。魔法と科学、双方の力を持つ少年ライルは、科学時代を推し進めようとする幼なじみの貴族令嬢マリーア、そして偶然出会った魔法時代の象徴「幻想種」の少女ルーナリアの間で揺れ動く。2人の少女、2つの時代。世界を変える力を持つ少年が選んだのは果して!?
 この手の科学と魔術が共存、あるいは融合しているという世界観は好きであれこれ読んでみるのだけど、やはり科学と魔術を両立させるというのは難しいのか十分満足できることは少ない気がする。この作品も同様で、科学も魔術もどちらの描写も中途半端な印象だった。

 それにルーナリアを引き取ることになった経緯や今回の敵の手段が強引過ぎて作中の社会の治安体制はどうなっているんだとか、少なからず粗が目についた。

 ヒロイン二人が前衛ポジションで、主人公は後衛ポジションというのもどうなんだという気が。いや、そりゃ男女平等の観点からすれば、女の子が前に出て戦って、男が後ろから補佐でもいいだろうけどさ。

 とまあそんなふうに不満点もあったものの、ヒロインは魅力的だったし(エロ可愛いマリーアの方がお気に入り)、なんだかんだで続きも読んでみようと思えるぐらいにはまあまあ楽しめた。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3207-6d095dfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック