百錬の覇王と聖約の戦乙女2

ここでは、「百錬の覇王と聖約の戦乙女2」 に関する記事を紹介しています。

百錬の覇王と聖約の戦乙女2 (HJ文庫)百錬の覇王と聖約の戦乙女2 (HJ文庫)
鷹山誠一 ゆきさん
ホビージャパン 2013-10-31

by G-Tools

《蹄》の宗主ユングヴィを打ち破ったことで大陸中に衝撃を与えた勇斗。リネーアから結婚の申し込みをされるが、現代に残してきた美月を想い困惑を隠せない。そんな折、《雷》の若き宗主“虎心王”ステインソールが祝勝式典に突如現れ、勇斗と一触即発の状況に。再び戦の気配が迫る中、弟国《爪》の双子の姫君まで妻にしてくれと押しかけてきて……!?
 面白かったことは面白かったのだけど一巻のときほど新鮮味を感じないというか。いやまあ、二巻目なんだから当然といえば当然なんだけど、多少の違いはあれど大ざっぱな話の流れは一巻のときと似たようなものでそのへんが少しもの足りなさをおぼえたというか。

 今巻からの要素といえば、強敵の登場、味方に渋い男の登場人物追加、双子ヒロイン追加といったあたりだけど、まず双子ヒロインについてはあまりヒロインという印象ではなかったな。日常のにぎわい要員かつ直接的な戦闘力じゃないけど戦いに便利なユニットといった感じで。どちらかといえば今回ヒロインしてたのは表紙にも出てるリネーアの方だけど、この作品の場合、ド本命が決まっているからラブコメ的に進展がどうとかあまり期待できそうにないんだよなあ。せっかく複数のヒロインが出てきてもサービスシーン要員止まりでしかないというか。今後そのへんの事情の打破は期待できるのだろうか。

 今回から登場のスカーヴィズは渋い男で、可愛い女の子ばかりでなくこういう男の登場人物も出てくるのは好印象なんだけど、なんだか急に出てきたなという気が。一巻のころはどうしていたのだろう? そのへんをフォローした記述はあったっけ? 強敵のステインソールはたしかに恐るべき相手なんだけど、どこまでも脳筋でひたすら力押ししかないのがちょっともの足りなかった。まあこれで多少なりとも知恵がまわったらそれこそチートだろうが。

 そういえば主人公が自分の実力をチートだと自嘲的な理由がしっかり設定されていてこんな過去があるからかと納得。しかし今回やたらとその過去のことを臭わせていたけど、今回の終わり方からしてまさか次は過去編とかじゃないだろうな。この世界にやってきたばかりのまだたいした実力もないころとか、ちょっと周りに認められて天狗になっていたころの話なんてあまり読みたいとは思わないので、できれば次も普通に話を進めてほしい。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3201-b3a3a1b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック