アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1

ここでは、「アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1」 に関する記事を紹介しています。

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1 (講談社ラノベ文庫)アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1 (講談社ラノベ文庫)
榊 一郎 ゆーげん
講談社 2011-12-02

by G-Tools

富士の樹海の果ては、異世界に続いてた!? そこはドラゴンが空を飛ぶ、まさにファンタジー世界そのもの!! そんな非常識な状況に放り込まれたのは、単なる高校ドロップアウトの慎一。ラノベ作家の父とエロゲー原画師の母を持つ、サラブレッド級オタクの慎一だったが、だからといって特別な力は何も無い。持っているのは、ただ『萌え』についての知識、見識、勘だけ。それで本物の異世界と交易しろって!? そう、慎一に果せられた任務は『萌え』の伝道だった! というわけで何がなんだか分からないまま、実は中身がちょっと腐ってる女性自衛官に護衛されつつ、ハーフエルフのメイドさんや美幼女皇帝と親交を深めて、なんとなくいい感じになっていくと、今度はテロが――
 アニメが始まったのとBookLiveで期間限定無料だったので読んでみた。文章は読みやすいし、扱っているテーマも面白い目の付け所だと思うのだけど、そのわりにはなんだか素直に楽しみ切れない感じ。なんでだろーなーと考えてみたところ、ファンタジー世界とリアルの文化の違いとかそういうのをあまり考えたことがない人にとってはこういう作品は新鮮に感じられるのかもしれないけど、ある程度そのへんを考えたことがある人にとってはこの巻で提示されたような文化の違いは簡単に思いつくぐらいのことでしかないのでもの足りなく感じられるのではないかと。

 それに今回はまだこういう問題がありますと提示されただけで、ではそれに対して主人公たちはどう動くのかというのが示されていないわけで、この一巻はシリーズの始まりの前編みたいなものでしかない印象。とりあえず二巻も読んでみないとまだ何とも言い難いかな。できればこういうシリーズものは一巻だけである程度の方向性は示してほしいと思うが。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3180-57469b90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック