六番目の小夜子

ここでは、「六番目の小夜子」 に関する記事を紹介しています。

六番目の小夜子 (新潮文庫)六番目の小夜子 (新潮文庫)
恩田 陸
新潮社 2001-01-30

by G-Tools

津村沙世子―――とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。学園生活、友情、恋愛。やがては失われる青春の輝きを美しい水晶に封じ込め、漆黒の恐怖で包みこんだ、伝説のデビュー作。
 再読。初めて読んだときは微妙な印象で、いずれ読み直してみようと思ったものだった。で、ずいぶん時間がたった今となって再読してみると、最後まで読み終えても消化不良な部分が残ってやはり今回も完全にすっきりしたとはいえないもののまあまあ楽しめた。消化不良な部分はある程度わり切って、青春ものとしての楽しめたからかな。

 デビュー作には作者のすべてがあるといわれるけど、たしかに『夜のピクニック』などと共通するものが感じられる。まあ単純に高校生活最後の年の出来事を扱っているから必然的に似た部分が出てくるというのもあるのだろうけど。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3167-60b82199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック