清須会議

ここでは、「清須会議」 に関する記事を紹介しています。

清須会議 (幻冬舎文庫)清須会議 (幻冬舎文庫)
三谷 幸喜
幻冬舎 2013-07-26

by G-Tools

信長亡きあと、清須城を舞台に、歴史を動かす心理戦が始まった。猪突猛進な柴田勝家、用意周到な羽柴秀吉。情と利の間で揺れる、丹羽長秀、池田恒興ら武将たち。愛憎を抱え、陰でじっと見守る、お市、寧、松姫ら女たち。キャスティング・ボートを握るのは誰なのか? 五日間の攻防を「現代語訳」で綴る、笑いとドラマに満ちた傑作時代小説。
 面白かった。戦国時代を舞台に有名な武将が出てくるのに、人馬刀槍火縄銃が入り乱れる派手な合戦ではなく地味な話し合いの会議が主題だという。しかし出てくる有名武将たちの現代語訳のモノローグが実に軽妙で楽しく、会議に対する根回しやら駆け引きが読みごたえがあって良かった。それに最後の終わり方もしみじみと感じさせるものがあって好印象。十分満足できる内容だった。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3160-24a61021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック